ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

外科・消化器外科乳がん自己検診の方

乳がんは自分で見つけましょう外科豆知識

乳がんは、体の表面近くにできますので、自分で触って発見できるがんです。早期発見のために、年に一度の乳がん検診と、月一回の自己検診を心がけましょう。乳がんの自己検診は、生理開始から1週間後くらいの時期が適しています。閉経後の人は毎月、日を決めて行いましょう。乳がんのしこりは、石ころのように硬く、痛みがないのが特徴です。

乳がんの自己検診法



  • 鏡にむかって乳房の形をチェック

    両腕を上下させて、乳房の形や皮膚のひきつれ、乳首のへこみなどを調べます

  • 入浴中に乳房を軽く押さえてチェック

    指の腹をすべらせて、「しこり」を探します

  • 仰向けに寝た状態で乳房を軽く押さえてチェック

    指の腹をすべらせて、「しこり」を探します

  • 乳頭とわきの下のリンパ節をチェック

    乳首を軽くつまんで血液の混じった分泌液がでないか、そろえた指をわきの下に入れて「しこり」があるかを調べます

もし、何か異常を見つけても、すぐ乳がんと考えて心配する必要はありません。乳房の異常の多くは、がんとは関係のない良性のものです。乳房にしこりや何らかの異常をみつけたら、ひとりで悩まず外科に受診してください。超音波検査やレントゲン撮影などで精密検査をします。もしがんであったとしても、小さいうちに見つかれば、手術によってほとんど治ります。小さなしこりを見つけるには、普段から自分の乳房をよく観察することが大切なのです。

ページトップへ