ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

当院のご案内病院長挨拶


大阪市立十三市民病院
病院長 倉井修

 大阪市立十三市民病院は昭和24年に阪急十三駅近くの十三東地区に創設され、平成14年5月に阪急神崎川駅が最寄りの野中北地区に建て替え・移転となり、現在に至っております。大阪市内では淀川以北で唯一の公的病院であり、平成22年には旧大阪市立北市民病院から結核病棟を移設し、平成29年にHCUを開設するなど医療機能の充実に努め、19診療科を備える263床の総合病院として、地域に密着した急性期医療を担ってきました。世界的な医療災害と考えられる新型コロナ感染症の大流行により、令和2年5月より当院が新型コロナ専門病院となって間もなく3年目になりますが、院内感染防止対策を十分に行いながら、地域に必要な医療を少しでも充実させるため、各診療科で外来, 検査および処置・手術をすべて通常通り行い、入院治療も推進しています。

①    アピールポイント

#1. 大阪府がん診療拠点病院
令和2年4月に大阪府がん診療拠点病院の指定を受け、大阪市北部地域のがん診療の充実を目指しています。胃がん, 大腸がん, 肝臓がん, 膵臓がん, 肺がん, 乳がん, 子宮がん, 膀胱がんなど様々な癌腫の専門治療から緩和治療まで行っています。また、がん相談支援センターでは緩和ケア認定看護師が中心となって、がん患者さんおよびご家族からの個別相談に応じ、穏やかな日常生活を過ごすために生じてくる問題には、院内の多職種と連携して対応しています。更に、現在はリモートが主ですが「がん患者サロン」を定期的に開催しています。

#2. 内視鏡センター
患者さんの希望により鎮静下での内視鏡検査が主となっています。内視鏡センターでは上部・下部消化管内視鏡, 胆膵内視鏡による検査および治療が行われ、特に早期の胃がんや大腸がんには内視鏡的粘膜剥離術による完治を目指した治療が積極的になされており、研修医, 研究医の内視鏡研修にも適した環境になっています。

#3. 低侵襲治療を積極的に導入
  外科では多くの進行がん患者さんと胆嚢結石, 鼠径ヘルニアおよび虫垂炎の患者さんに、腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、消化器内科では肝がんに対する経皮的ラジオ波焼灼療法を行っています。また、婦人科では良性疾患に対して腹腔鏡手術を行い、整形外科領域や泌尿器科領域でも鏡視下手術を導入しています。

#4. 「赤ちゃんにやさしい病院」
当院は「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されており、母子同室で、母乳で育てたい母親を妊娠中だけでなく、産後も応援しています。コロナ禍になって休止されていた産科外来は令和3年12月より再開し、令和4年6月から分娩を再開しました。

#5. 心臓カテーテル検査・治療
平成30年に新しい血管造影装置が導入され、心臓カテーテル検査・治療が可能となっておりますので、地域の先生方には、冠動脈CT, 末梢血管形成術を含めて、循環器疾患患者さんの紹介をお願いできればと考えています。

#6. 感染症医療
元々は大阪市内で唯一結核病床を有する病院でしたが、現在は新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の重点医療機関として、感染患者さんの入院治療に対応し、病院南側駐車場に仮設した地域外来・検査センターで近隣の医療機関から紹介された有症状患者さんの新型コロナPCR検査を行っています。また、医療従事者やかかりつけ患者さんに対する新型コロナワクチン接種を推進して来ました。

#7. チーム医療
 当院には多職種による医療チームが現在14チーム存在し、それぞれが活発に活動しています。例えば、現在は院内感染防止対策チーム主導の厳密な新型コロナ対策の実施や、糖尿病専門医と糖尿病看護認定看護師, 糖尿病療養指導士が中心の糖尿病ケアチームでは、病院内における糖尿病患者さんへの係わりだけでなく、世界糖尿病デーに合わせた地域住民体験型イベントである糖尿病フェスタを毎年開催している事などです。個々の医療チームの活動内容の詳細は、ホームページ内の医療チーム紹介をご覧いただければと思いますが、当院のチーム医療は中々充実していると自負しています。

#8. 災害医療
新型コロナに対する医療も災害医療の一つと考えていますが、当院は市町村災害医療センターの指定を受けているため、淀川区役所, 淀川区医師会・歯科医師会・薬剤師会および淀川区内の医療従事者と密に連携して、自然その他災害時に対応ができるように努めています。


②    患者無料送迎バスについて
 平成29年7月から運行を開始した患者無料送迎バスは、「阪急三国駅」方面, 「JR加島駅」方面, 「JR塚本駅」方面および「阪急十三駅」方面の4ルートありますが、令和4年2月1日よりダイヤ改正ならびに「阪急三国駅」方面は新御堂筋沿いまで、「JR加島駅」方面は阪急神崎川駅付近までのルート追加を行いました。全てのルートや停車位置および発着時間の変更など詳しい内容につきましては、ホームページ内に掲載しております。地域の先生方が患者さんを紹介していただく際や患者さんが通院される際の交通手段の一つになれば何よりです。
 
新型コロナが収束後、感染症を含め、様々なニーズに応えられる急性期総合病院で有るために、今までより以上に診療内容を充実させ、地域医療機関との連携を深めて、患者さんの健康と医療をサポートしていくように、職員一同努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ