ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

外科・消化器外科腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術

単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術外科豆知識

鼠径ヘルニアに対する手術について

合成繊維でできた網目状の人工膜を筋肉と腹膜の間に入れて、ヘルニアの出口にふたをします。人工膜を入れる方法に腹壁の前から入れる方法(前方到達法)と、腹の中から入れる方法(腹腔鏡下手術)があります。さらに、腹腔鏡下手術には人工膜を腹腔内から腹膜を切開して入れる方法(腹腔内到達法:TAPP)と、筋肉と腹膜の間を剥離して入れる方法(腹膜前到達法:TEP)があります。当院では全身麻酔が可能な患者さんに対しては、単孔式TEPを標準的な術式としています。

単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(単孔式TEP)とは

全身麻酔下でおへそに約2.5cmの創を開けて、そのひとつの創から腹腔鏡と2本の鉗子を挿入して、テレビモニターを見ながら行います。体外からの操作で筋肉と腹膜の間を剥離して、ヘルニアの出口に人工膜を入れて修復します。

単孔式TEPの利点

  1. 創痕がおへその中に隠れるため、ほとんどわからなくなる
  2. 術後の痛みが少なく、回復・社会復帰が早い
  3. 両側性の場合でも1つの創で、同時に治療できる

単孔式TEPの適応外

  1. 全身麻酔ができない状態(前方アプローチの適応)
  2. 下腹部の手術後や前立腺の手術後(前方アプローチの適応)
  3. 巨大なヘルニア(TAPPの適応)
  4. 再発ヘルニア(前方アプローチまたはTAPPの適応)

手術前後の経過

必要な検査は外来で済ませ、手術前日に入院していただきます。術後は翌日から歩行は可能で、食事も開始します。3日目には退院ができます。

ページトップへ