ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

外科・消化器外科腹痛について

腹痛について外科豆知識

はじめに

腹痛はよくある症状ですが、なかには緊急に治療や手術が必要な病気があります。

腹痛の出現状況と病気

  • 突然の腹痛:消化管穿孔、胆石症、尿管結石、血管疾患など
  • 空腹時の上腹部痛:十二指腸潰瘍
  • 食後の腹痛:胃潰瘍、胆石症、膵炎

病歴と腹痛:持病や薬歴で病気を予測できる場合があります

  • 腹部の手術歴:腸閉塞
  • 鎮痛剤、ステロイド剤の内服:胃・十二指腸潰瘍
  • 同様の痛みを繰り返す:尿管結石、胆石、胃・十二指腸潰瘍など
  • 循環器疾患:腸間膜血栓症、腹部大動脈瘤

腹痛の部位と疾患

急を要する症状

直ちに医療機関を受診してください

  • 持続する激しい腹痛
  • 徐々に強くなる腹痛
  • 腹壁の硬直
  • 響く痛み
  • 腹部の膨隆
  • 冷や汗
  • 顔面蒼白
  • 意識混濁

検査

血液・尿検査、レントゲン、CT検査、超音波検査など行います。

治療

軽症の場合は投薬のみで済みますが、中等度以上の場合は絶食が必要になりますので入院していただきます。重症例は緊急手術の可能性があります。

緊急手術が必要な病気

消化管穿孔などによる腹膜炎、血行障害を伴う腸閉塞、虫垂炎など。

患者さんへ

腹痛の原因は非常に多くあります。
自分で判断せず医療機関に必ず受診してください。

ページトップへ