ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

外科・消化器外科腹腔鏡下手術について

腹腔鏡下手術外科豆知識

腹腔鏡下手術とは?

おなかの手術は、大きく皮膚を切って行う開腹手術が一般的です。しかし、手術後の痛みが強く、大きな醜い傷痕が残る欠点があります。腹腔鏡下手術は、0.5~1.0cmの創を3~5個開け、おなかの中を腹腔鏡というスコープで腹腔内をモニターに映し出し、モニターを見ながら体外からいろいろな器具を挿入して行う手術です。

腹腔鏡下手術の利点

  1. 創が小さく、手術後の痛みが少ない
  2. 手術後の回復が早い
  3. 拡大して観察できるので、細かい解剖がわかりやすい
  4. 出血が少ない
  5. 術後の癒着が少ない

腹腔鏡下手術の欠点

  1. 開腹手術より手術時間が長い
  2. 全身麻酔が必要
  3. 高度な技術が必要
  4. 開腹手術より高価(保険適応有り)

当院での適応疾患

  1. 胆のう結石、虫垂炎、鼠径ヘルニア
  2. 早期胃がん、大腸がんなど

腹腔鏡下手術の限界

  1. 臓器を摘出するための創(小開腹)が必要
  2. 開腹歴がある場合、癒着のために腹腔鏡下手術ができないことがある
  3. 術中の合併症によっては開腹が必要

ページトップへ