ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

各診療科・部門のご案内リハビリテーション科

特色



 リハビリテーション科は平成14年に病院が移転した際に整形外科理学療法室より独立しました。現在のスタッフは医師1名(兼務)と、理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚士1名の計6名です。当科では理学療法士、作業療法士がマンツーマンで治療を実施しています。入院患者さんを対象に、日常生活動作・応用動作の改善を目的に入院早期、手術後早期にリハビリテーションを行っています。週1回、リハビリ科医師、理学療法士、作業療法士、病棟看護師、社会福祉士よる情報の共有のために、リハビリテーションカンファレンスを行っています。大腿骨頚部骨折術後のリハビリテーションにおいては、地域医療機関と積極的に連携し、充実した運動療法や退院の支援ができるよう、年に数回の地域連携パス連絡会を実施しています。この連絡会にて近隣病院と連携をとり、患者様やご家族の負担なく転医して頂ける体制を実施しています。なお、外来患者さまに対する物理療法(牽引・温熱療法など)や通院リハビリテーションは行っておりません(手術後の短期通院リハのみです)。ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

スタッフ紹介

役職氏名認定・資格等
部長・医師 坂和 明 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本リウマチ財団登録医
身体障害者福祉法第15条第1項「肢体不自由」指定医

理学療法士4名、作業療法士1名、言語療法士1名

取得認定資格  
がんのリハビリテーション研修修了 6名
3学会合同認定呼吸療法士 2名
日本糖尿病療法指導士 1名
福祉住環境コーディネーター2級 1名
福祉住環境コーディネーター3級 1名
心臓リハビリテーション指導士 1名

診療科の目標

  1. 急性期リハビリテーションを推進し、早期離床並びに早期社会復帰に努める。
  2. 安全で良質な医療を提供する。
  3. 院内各部署との連携を図り、より質の高いチーム医療を行う。

主な診療実績(平成30年度)(表1~3)

 平成30年度理学療法依頼件数は619件で、入院患者573件、外来患者46件でした。作業療法依頼件数は332件で、入院患者323件、外来患者9件でした。入院依頼元科の内訳は理学療法が整形外科289件、糖尿病内科26件、呼吸器内科84件、循環器内科57件、外科54件、消化器内科41件、泌尿器科21件、婦人科1件でした。作業療法が、整形外科199件、糖尿病内科14件、呼吸器内科14件、循環器内科32件、外科35件、消化器内科16件、泌尿器科12件、婦人科1名でした。外来は整形外科の松葉杖指導と入院後の短期リハビリのみでした。

 実施患者数は理学療法が9234名、作業療法が2359名でした。単位数は理学療法が13233単位、作業療法が3279単位。疾患別には理学療法では脳血管疾患229単位、廃用症候群2414単位、運動器7936単位、呼吸器1867単位、がん787単位、作業療法では脳血管疾患98単位、廃用症候群508単位、運動器2367単位、呼吸器83単位、がん223単位でした。


(表1)理学療法・作業療法依頼総件数

理学療法 作業療法 総件数
入院 外来 入院 外来
573件 46件 323件 9件 951件


 
(表2)理学療法・作業療法依頼患者〈入院〉

  理学療法 (人) 割合 作業療法 (人) 割合
整形外科 289 50% 199 62%
糖尿病内科 26 5% 14 4%
呼吸器内科 84 15% 14 4%
循環器内科 57 10% 32 10%
外科 54 9% 35 11%
消化器内科 41 7% 16 5%
泌尿器科 21 4% 12 4%
婦人科 1 0% 1 0%
合 計 573 100% 323 100%



(表3)リハビリテーション科実施状況

延患者数 理学療法 作業療法
9,234人 割合 2,359人 割合
疾患別延件数 13,233単位 100% 3,279単位 100%
脳血管疾患(Ⅱ) 229単位 2% 98単位 3%
廃用症候群(Ⅱ) 2,414単位 18% 508単位 15%
運動器(Ⅰ) 7,936単位 60% 2,367単位 72%
呼吸器(Ⅰ) 1,867単位 14% 83単位 3%
がん 787単位 6% 223単位 7%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ