ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

各診療科・部門のご案内小児科

健やかな発育・発達を目指して
小児科全般の医療に取り組んでいます。

特色

当院小児科では、出生・新生児期から小児・思春期にかけての健やかな発育・発達を目指して小児科全般の医療に取り組んでいます。
対象となる疾患は呼吸器感染症や腸管感染症などの感染症、川崎病などの急性疾患が多く、地域の先生方と連携して外来・入院診療を行っています。慢性疾患として、神経疾患、低身長などの内分泌疾患、ぜんそくや食物アレルギーなどのアレルギー疾患についても積極的に診療を行っています。各種予防接種や健診も行っていますのでお気軽にお問合せください。
2009年8月に大阪市内では初めて、WHO・ユニセフから「赤ちゃんにやさしい病院」(BFH; Baby Friendly Hospital)に認定されました。「母乳代用品のマーケティングに関する国際規準」(WHOコード) ※1を遵守し「母乳育児成のための10ヵ条」※2を実践しています。小児科では新生児期から母乳育児支援を行い、他院出生の赤ちゃんの母乳育児に関する相談にも産科・助産師と連携をとって対応しています。また当院を含め大阪府の6施設の「赤ちゃんにやさしい病院」などで構成される大阪母乳の会の事務局機能を担っています。

外来診療

平日(月〜金)の午前は初診・再診の一般外来、午後は予防接種、各種健診、アレルギー、神経の特殊外来を行っております。午後は原則的に予約診になっておりますのでご希望の方は予約センターにお問い合わせ下さい。

入院診療

小児科では主に感染症や川崎病などの急性疾患について必要な方に入院治療を行っております※3。 地域の医療機関と連携して入院診療を行っておりますので、かかりつけの先生とご相談の上、入院依頼をいただきますと対応させていただきます。低身長症での成長ホルモン分泌負荷試験や食物アレルギー負荷試験にも対応しています。

時間外対応

平日は午後8時30分、土曜日は午後0時30分までの通院患者の救急対応、地域医療機関からの入院依頼に対応しています。

新生児室

院内出生の新生児、低出生体重児などの診療を行っています。大阪新生児診療相互援助システム(NMCS)にも参加しており、院外出生児の黄疸治療などにも対応します。「赤ちゃんにやさしい病院」としての母乳育児支援において、新生児の急変事例や低血糖症の発症などのリスクの予防に努め、安全・快適な周産期ケアを支えています。

あいあいサークル

新生児室から退院後も毎月第3土曜日の午後に育児サークル(あいあいサークル)を開催しています。先輩ママたち、子どもたち、助産師、小児科医と一緒に育児の楽しみ、悩みなどワイワイおしゃべりしませんか? お問合せは、4階(周産期病棟)詰所までお願いします。

スタッフ紹介

役職氏名専門分野認定・資格等
部長 平林 円 小児科一般
新生児
母乳育児支援
日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会 暫定指導医
日本新生児成育医学会 評議員
新生児蘇生法「専門コース」インストラクター
副部長 齊藤 三佳 小児科一般
新生児
日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会新生児専門医
新生児蘇生法インストラクター
副部長 川又 攻 小児科一般
新生児
日本小児科学会専門医
臨床研修指導医
「子どもの心」相談医
インフェクションコントロールドクター

主な診療実績(小児科疾患別入院患者数 )

病名・検査名2016年度
マイコプラズマ肺炎・気管支炎 5
その他の肺炎・気管支炎 17
RSウイルス感染症 22
インフルエンザ 5
喘息性気管支炎・喘息 10
上気道炎 7
溶連菌感染症 3
感染性胃腸炎 28
尿路感染症 8
熱性痙攣・痙攣性疾患 5
川崎病 5
低身長検査入院 0
食物アレルギー負荷試験 1
その他 26
142

母乳代用品のマーケティングに関する国際規準(WHOコード) 要約(※1)
International Code of Marketing of Breast-milk Substitutes (WHO 1981)

  1. 消費者一般に対して、母乳代用品の宣伝・広告をしてはいけない。
  2. 母親に試供品を渡してはならない。
  3. 保健施設や医療機関を通じて製品を売り込んではならない。これには人工乳の無料提供、もしくは低価格での販売も含まれる。
  4. 企業はセールス員を通じて母親に直接売り込んではならない。
  5. 保健医療従事者に贈り物をしたり個人的に試供品を提供したりしてはならない。保健医療従事者は、母親に決して製品を手渡してはならない。
  6. 赤ちゃんの絵や写真を含めて、製品のラベル(表示)には人工栄養法を理想化するような言葉、あるいは絵や写真を使用してはならない。
  7. 保健医療従事者への情報は科学的で事実に基づいたものであるべきである。
  8. 人工栄養法に関する情報を提供するときは、必ず母乳育児の利点を説明し、人工栄養法のマイナス面、有害性を説明しなければならない。
  9. この「国際規準」の適用状況の モニタリング(監視)は政府が、国としてそしてWHOの構成員として、果たさなければならない義務である。
  10. 母乳代用品の製造業者や流通業者は、その国が「国際規準」の国内法制を整備していないとしても、「国際規準」を遵守した行 動をとるべきである。


母乳育児成功のための10ヵ条
(※2) Ten Steps to Successful Breastfeeding (WHO1989)

  1. 母乳育児についての基本方針を文書にし、関係するすべての保健医療スタッフに周知徹底する。
  2. 関係するすべての保健医療スタッフに、方針を実践するのに必要な知識と技術を取得してもらう。
  3. 妊娠した女性すべてに母乳育児の利点とその方法に関する情報を提供する。
  4. 産後30分以内に母乳育児が開始できるよう、母親を援助する。
  5. 母親に母乳育児の方法を教え、母親と赤ちゃんが離れることが避けられない場合でも母乳分泌を維持できるような方法を知ってもらう。
  6. 医学的に必要でないかぎり、新生児には母乳以外の栄養・水分を与えないようにする。
  7. お母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施する。
  8. 赤ちゃんが欲しがるときには、欲しがるだけの授乳をすすめる。
  9. 母乳を飲んでいる赤ちゃんには、人工乳首やおしゃぶりを与えないようにする。
  10. 母乳育児を支援するグループ作りを援助し、お母さんが退院する時にこのようなグループを紹介する。

研究業績

【研究業績】(PDF:73KB)

ページトップへ