ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

各診療科・部門のご案内眼科

特色

眼科診療

眼科スタッフとしては常勤医2名、非常勤医2名(指導医1名、専門医3名)、常勤ORT 1名、非常勤ORT 2名の体制で診療を行っています。外来診療は・水曜日以外2診制(火曜日は1診制・水曜日は1診制・交代制)で、午前中に診察を行っております。紹介していただく際には、地域医療連携から予約を取っていただければ、待ち時間を短縮できるように配慮しています。午後からは蛍光眼底造影、視野検査、眼鏡合わせなどの検査やレーザー治療を予約制で行っています。ここ数年、特に新規の眼科備品は購入されていませんでしたが、一昨年から病院に働きかけて購入したスペクトラリスOCTにより黄斑部疾患の病態の把握が瞬時に可能となり、治療による経過も定量的におえるようになりました。また昨年購入したトプコン眼底カメラでは解像度の高い眼底画像が得られるようになり、より微細な所見も得られるようになっています。これらの機器の導入に伴い加齢黄斑変性の硝子体注射や各種疾患における黄斑浮腫の硝子体注射、倫理委員会で承認されたステロイドのテノン嚢下注射なども施行できるようになりました。

手術は火曜日・金曜日の午後、水曜日の午前に行っています。白内障は、現在広く普及している小切開超音波白内障手術を主に行っています。認知症や手術中の安静が困難など、患者さんの状態に応じて麻酔科の協力のもと全身麻酔下での手術も行っています。緑内障では、基本的には保存的加療からはじめ、眼圧のコントロール不良や視野の進行がみられる際には眼圧をさらに下降させるため手術を考慮し、患者さんに十分インフォームドコンセントをした上で手術加療を行っています。網膜前膜・黄斑円孔・網膜剥離等の網膜・硝子体疾患に対してはアルコン社製コンステレーションが導入され、25ゲージ小切開硝子体手術システムにも対応が可能となりました。そのため、目に優しい硝子体手術が可能となり、入院期間も以前と比較すると短縮してきています。また、当院の倫理委員会承認の下、増殖糖尿病網膜症の硝子体手術前にはアバスチン硝子体内注射を施行し術中の視認性の確保が向上しました。霰粒腫などの外眼部、翼状片手術、硝子体内注射などはほとんどが日帰り手術で行い、退行性下眼瞼内反に対しては下眼瞼牽引靭帯を縮める手術を行い良好な結果が得られています。白内障に関しては片眼5日前後、両眼10日前後の入院手術としています。手術日が1週間のうち3日とも半日ですので、現在、白内障手術の入院待ちが少し長くなっています。しかし今後はさらなる短期入院(1泊2日や2泊3日)での白内障手術を可能にしてゆき、入院待ちの軽減を図りたいと考えています。

平成26年度の手術件数は白内障手術 394件、網膜硝子体手術 35件、緑内障手術 6件 等、合計513件であり、数年前は合計300-330件であったことと比較すると飛躍的に増加しております。今後も引き続き手術加療に関しても励んでいくつもりです。

他科との連携としては当院では、糖尿病内科による3つの学習プランを用意しています。1つは入院できない患者さんに対応し、外来糖尿病教室を行っています。2つめは1泊2日入院コースです。これは土・日曜日の1泊2日入院で、平日に休みが取れない患者さんにおすすめしています。3つめは入院1週間教育パスです。糖尿病食や服薬、運動についてじっくり学びたい患者さんにおすすめしています。外来では糖尿病網膜症に関しては糖尿病内科のドクターと連携しながら、糖尿病教室を通じてDMコントロールと眼科診療の重要性を啓蒙しています。また、蛍光眼底造影で必要と判断されれば、光凝固治療を行い病勢の鎮静化をはかります。硝子体出血や増殖性変化が強い場合には、硝子体手術を考慮しています。

手術について

眼科で手術治療となるような病気の代表的な疾患としては、白内障・緑内障・糖尿病網膜症・網膜剥離などがあります。それらの病気も当科では患者さまに適した術式を選択し、手術を行っています。白内障は、現在広く普及している小切開超音波白内障手術を主に行っています。緑内障では、基本的には点眼治療からはじめ、眼圧のコントロール不良や視野の進行がみられる際に眼圧をさらに下降させるために手術を考慮します。また、網膜・硝子体疾患に対しても対応しています。

  • 白内障…入院手術のみ(日帰り手術は行っておりません。片眼3-5日・両眼10日程度)
  • 霰粒腫、翼状片の手術、硝子体内注射など…日帰り手術

糖尿病内科との連携

糖尿病網膜症に関しては、糖尿病内科のドクターと連携しながら、糖尿病教室を通じて血糖コントロールと眼科診療の重要性を啓蒙しています。また、眼科では蛍光眼底造影検査で必要と判断されれば、光凝固治療を行い病勢の沈静化をはかります。硝子体出血は増殖性変化が強い場合には、硝子体手術を考慮します。

主な対象疾患

  • 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)
  • 結膜炎、翼状片(よくじょうへん)、ドライアイ
  • 白内障(はくないしょう)
  • 緑内障(りょくないしょう)
  • 糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)
  • 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
  • 網膜剥離(もうまくはくり)
  • 黄斑円孔(おうはんえんこう)
  • 黄斑上膜(おうはんじょうまく)
  • 網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)
  • 弱視、斜視(じゃくし、しゃし)
    などの疾患に対して検査・治療を行っています。

スタッフ紹介

役職氏名専門分野認定・資格等
部長 森脇 光康 眼科一般
緑内障
網膜硝子体疾患
白内障
日本眼科学会専門医
身体障害者福祉法第15条による「視覚障がい」指定医
医長 砂田 貴子 眼科一般 白内障・斜視 日本眼科学会専門医
レジデント 坂井 淳 眼科一般  

主な診療実績(2016年度)

手術実績
病気症例数
白内障手術 343件
硝子体手術 28件
網膜剥離手術(conventional) 1件
緑内障手術 13件
外来手術、その他 89件

研究業績

【研究業績】(PDF:54.2KB)

ページトップへ