大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

腎臓・高血圧内科

大阪市立総合医療センター
 > 
ご来院の皆様へ
 > 
診療科・部門一覧
 > 
内科系診療科 > 腎臓・高血圧内科

IgA腎症

IgA腎症はもっとも多くみられる慢性腎炎です。

 

腎生検で診断され、当科では700人以上の患者さんを診療して参りました。

 

治療には、レニン・アンジオテンシン系阻害薬(血圧の薬)、扁桃摘出術ステロイドパルス療法などがあり、寛解(完治)へと導けるように努めています。

IgA腎症のくわしい解説はこちら

腎臓の糸球体についたIgA(腎生検)

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は、尿にたくさんのタンパク尿が漏れ出ることで、血の中のタンパク質が減ってしまい、手足を中心に全身がむくむ病気です。

 

タンパク尿が続くことで、腎臓の力が落ちてしまうことがあります。

 

代表的な疾患は、微少変化型ネフローゼ、膜性腎症、巣状糸球体硬化症、膜性増殖性糸球体腎炎や、全身性疾患から引き起こされるループス腎炎、糖尿病性腎臓病、アミロイドーシスなどです。

 

治療法は病気のタイプによって様々ですが、レニン・アンジオテンシン系阻害剤、ステロイド剤、免疫抑制剤などの薬が使われます。

糖尿病性腎臓病

糖尿病性腎臓病(糖尿病性腎症)は、わが国における透析導入の原因となる病気の40%以上を占め、20年程前から第1位となっています。

 

当院でも新しく透析を導入される患者さんの半分くらいがこれにあたります。

 

このため、腎臓高血圧内科では、糖尿病性腎臓病の患者さんに対して腎臓病教室を受講して頂き、その進行を抑える指導をしております。

 

また、糖尿病内科でも糖尿病透析予防指導を行い、その予防に努めています。

透析導入の原因となる病気の年次変化

多発性嚢胞腎

常染色体優性多発性嚢胞腎は、腎臓にのう胞という袋がたくさんできて、だんだん大きくなるために、腎臓の力が少しずつ落ちていく病気です。

 

これまで、効果的な治療法はありませんでしたが、20143月からサムスカ®(トルバプタン)が使えるようになりました。この薬には、のう胞が大きくなることや腎臓の力が落ちるのを抑える効果があります。

 

20151月から難病医療費助成制度の対象となり、費用負担が軽くなって、より身近な薬となりました。お薬を始める時には、水分摂取の練習や副作用のモニタリングなどのために短期間の入院が必要です。

 

当科の医師は処方をするのに必要な、eラーニングを受講しております。

 

当院では腎臓の大きさを正確に測定するための3次元画像解析システムVINCENTを導入しており、年々の変化や治療効果を評価することが可能です。

VINCENTでCTから腎臓の大きさを測定します。

ファブリー病

ファブリー病は、細胞の中にある、アガルシダーゼαという酵素の力が弱っているために、糖脂質が蓄積して、全身の臓器に障害を起こす遺伝性の病気です。

 

心臓、腎臓、皮膚、神経、眼など全身の臓器が弱る可能性があるため、早期診断、早期治療が重要になります。

 

当院の遺伝子診療部では、採血による迅速な遺伝子診断が可能です。また臨床検査部では、ファブリー病に特徴的な尿所見である、マルベリー小体の同定が可能です。

 

治療に関しては、2004年から点滴による酵素補充療法が可能となり、当院でも数人の患者さんに行っております。また最近シャペロン療法も可能になりました。

尿中マルベリー小体

透析療法(血液透析・腹膜透析)

慢性腎炎、糖尿病性腎臓病、高血圧性腎硬化症など種々の腎臓病が原因で、腎臓の力がだんだんと落ちていき、生命にかかわるような状態になった場合、透析療法で救命をする必要があります。

 

透析が必要となるのは、①尿毒素がたまったために吐き気や嘔吐が続き、食事が食べられなくなる、②全身に水がたまって心不全から呼吸が苦しくなる、③カリウムがたまって心臓が止まってしまうような不整脈を起きてくる、などの場合です。

 

実際のところは、安全のために、このような状態になる前に透析をはじめることが肝腎です。当院では、透析療法(血液透析腹膜透析)を、1年間に80人ほどの患者さんに導入しております。

 

透析療法選択の手助けとして、専門看護師による腎代替療法外来を開設して、十分な理解のもとでの透析導入に努めています。

 

血液透析の場合は、入院で内シャント術を行った後に透析を導入します。数回行って、ある程度おちついた段階で、患者さんのご自宅近くの透析施設へ外来通院して頂くことになります。

 

腹膜透析の場合は、入院で腹膜透析用のチューブを挿入して、2週間ほど御自分で透析液の入れ替えをして頂けるように練習をします。これができるようになった段階で退院となり、当院の外来に1か月に1日程度通院して頂くことになります。

血液透析

腹膜透析

腎移植

透析導入する前、または導入した後に、泌尿器科で実施しています。

 

生体腎移植は年間約20人の患者さんに行っており、5年生着率は約95%です。

腎臓・高血圧内科入院診療実績

平成29年度 病棟入院実績:553例
腎臓・高血圧疾患 計394件
疾患名 例数 疾患名 例数
慢性腎不全、末期腎不全 214例 高血圧症(原発性アルドステロン症2、悪性高血圧1褐色細胞腫1など) 8例
慢性糸球体腎炎 81例 間質性腎炎 6例
ネフローゼ症候群 56例 腹膜透析 4例
急性腎障害 12例 その他 4例
多発性嚢胞腎 9例
膠原病・膠原病類縁疾患 49例
疾患名 例数 疾患名 例数
全身性エリテマトーデス 16例 ベーチェット病 2例
顕微鏡的多発血管炎 10例 膠原病性間質性肺炎 2例
シェーグレン症候群 9 例 その他(CREST症候群、リウマチ性多発筋痛症、混合性結合組織病など) 7例
関節リウマチ  3例
感染症疾患 計67例
疾患名 例数 疾患名 例数
肺炎 25例 膿瘍形成(腎2臀部2、鼠径部11 6例
尿路感染症 11例 その他(胃腸炎4結核性胸膜炎3総胆管結石性胆管炎3、帯状疱疹3など) 19例
敗血症 6例
その他 計43例
疾患名 例数 疾患名 例数
骨折(胸椎3、腰椎3、骨盤2、恥骨1 9例 脳梗塞 2例
うっ血性心不全 3例 うっ滞性皮膚炎 2例
蛋白漏出性胃腸症 3例 その他(低Na血症、消化管出血、小腸穿孔、小脳出血、副腎クリーゼ、紅皮症など) 18例
肝硬変 3例
偽痛風 3例
平成29年度に実施した138例の腎生検の内訳

 

疾患名 例数 疾患名 例数
IgA腎症 29例 巣状糸球体硬化症 5例
糖尿病性腎症 15例 急性尿細管壊死 4例
膜性腎症 13例 肥満関連腎症 3例
腎硬化症 13例 コレステロール塞栓症 2例
間質性腎炎 9例 ループス腎炎 1例
微小変化型ネフローゼ症候群 8例 アミロイドーシス 1例
IgA血管炎 8例 血栓性微小血管障害症 1例
急速進行性糸球体腎炎(顕微鏡的多発血管炎・半月体形成性腎炎など) 6例 急性糸球体腎炎 1例
膜性増殖性糸球体腎炎 6例 妊娠高血圧腎症 1例
菲薄基底膜病  6例 遺伝性腎炎疑い 1例
minor glomerular abnormality 5例
平成29年度に当科で血液透析導入した90例の原疾患内訳

疾患名 例数 疾患名 例数
糖尿病性腎症 43例 急速進行性糸球体腎炎 2例
腎硬化症 23例 アミロイドーシス 2例
慢性糸球体腎炎・一次性ネフローゼ症候群 10例 その他(敗血症、ループス腎炎、妊娠高血圧腎症など) 5例
悪性高血圧症 3例
間質性腎炎 2例 (参考:平成29年度の院内血液透析導入 111例)


著書

  1. 小西 啓夫:日本臨床増刊号 動脈・静脈の疾患. 腎静脈血栓症 日本臨床75 suppl5: 894- 898,2017

論文

  1. Lei Li, Yoshio Konishi, Takashi Morikawa, Yifan Zhang, Chizuko Kitabayashi, Hideki Kobara, Tsutomu Masaki, Daisuke Nakano, Hirofumi Hitomi, Hiroyuki Kobori, Akira Nishiyama. Effect of a SGLT2 inhibitor on the systemic and intrarenal renin-angiotensin system in subtotally nephrectomized rats. Journal of Pharmacological Sciences, in press.

学会発表

  1. Takashi Morikawa, Michinori Shirano, Katsushi Nagatsuji, Yuka Takeuchi, Mitsuru Ichii, Masahiro Hamada, Yu Kasamatsu, Chizuko Kitabayashi, Tetsushi Goto, Yoshio Konishi:A case of ANCA-associated glomerulonephritis and membranous nephropathy in a patient with longstanding quiescent HIV disease. 18th International Vasculitis and ANCA Workshop, 2017/3/25 Tokyo
  2. 西山成、小西啓夫:食塩感受性高血圧の発症・進展における腎臓の役割 第90回日本内分泌学会学術総会2017/4/20 京都
  3. 小西 啓夫:特別企画1 腎と高血圧 食塩感受性高血圧−慢性腎臓病患者より解ったこと。第6回臨床高血圧フォーラム 2017/5/13 岡山
  4. 山崎大輔、森川貴、小西啓夫、西山成:アデニン投与慢性腎不全ラットに対するSGLT2阻害薬のエリスロポエチンに対する効果。第6回臨床高血圧フォーラム 2017/5/13 岡山
  5. 山崎 大輔、森川 貴、小西 啓夫、西山成:アデニン投与慢性腎不全ラットに対するSGLT2阻害薬のエリスロポエチン産生に対する効果。第60回日本腎臓学会学術総会 2017/5/26 仙台
  6. 森川 貴、濱田 真宏、北林 千津子、竹内 由佳、長辻 克史、一居 充、山﨑 大輔、西山 成、小西 啓夫:常染色体優性多発性嚢胞腎におけるresistive index 測定意義の検討。第60回日本腎臓学会学術総会 2017/5/26 仙台
  7. 北林 千津子、森川 貴、佐井 吉永、長辻 克史、竹内 由佳、一居 充、濱田 真宏、依藤 亨、小西 啓夫:透析導入7年後にFabry病と診断し得た一例。 第62回日本透析医学会学術大会 2017/6/15 横浜
  8. 西村 璃乃、濱田 真宏、井上 侑子、門澤 啓太、長辻 克史、竹内 由佳、一居 充、北林 千津子、森川 貴、小西 啓夫:血栓性微小血管障害と肺出血を合併した悪性高血圧の一例。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/13 岡山
  9. 一居 充、井上 侑子、門澤 啓太、長辻 克史、竹内 由佳、濱田 真宏、北林 千津子、森川 貴、小西 啓夫:劇症1型糖尿病、可逆性後頭葉白質脳症を合併した多発性血管炎性肉芽腫症の一例。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/13 岡山
  10. 門澤 啓太、井上 侑子、長辻 克史、竹内 由佳、一居 充、濱田 真宏、北林 千津子、森川 貴、小西 啓夫:ANCA関連腎炎と膜性腎症を合併した安定期HIV患者の一例。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/13 岡山
  11. 北林 千津子、井上 侑子、門澤 啓太、長辻 克史、竹内 由佳、一居 充、濱田 真宏、森川 貴、小西 啓夫:血管内皮細胞増殖因子(VEGF)阻害薬投与中に発症したネフローゼ症候群の一例。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/13 岡山
  12. 長辻 克史、森川 貴、井上 侑子、門澤 啓太、竹内 由佳、一居 充、濱田 真宏、北林 千津子、小西 啓夫:2年間の酵素補充療法(ERT)前後で腎組織を評価し得たFabry病の1例。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/14 岡山
  13. Lei Li、小西 啓夫、 森川 貴、中野 大介、 人見 浩史、西山 成: 5/6腎摘ラットにおけるSGLT2阻害薬の全身と腎のレニン・アンジオテンシン系に対する影響。第47回日本腎臓学会西部学術大会 2017/10/14 岡山
  14. Lei Li, Yoshio Konishi, Takashi Morikawa, Chizuko Kitabayashi, Daisuke Nakano, Hirofumi Hitomi, Hiroyuki Kobori, Akira Nishiyama. Effects of a SGLT2 inhibitor on the systemic and intrarenal renin-angiotensin system in subtotally nephrectomized rats.第40回日本高血圧学会総会 2017/10/21 松山
  15. 森川 貴:若手企画5 高血圧学の若手への教育を議論する高血圧に合併する腎障害について~慢性腎臓病・腎硬化症・糖尿病性腎症を中心に。 第40回日本高血圧学会総会 2017/10/22 松山

学生実習

京都大学医学部腎臓内科の学生実習担当科です。

 

大阪市立大学医学部の学生実習担当病院です。

 

腎臓内科に興味のある医学生さんの見学を受け付けております。

医学生対象病院見学会についてはこちら

(期日後の場合、申し訳ありませんが次の掲載をお待ちください。)

 

研修医・内科専攻医

腎臓内科に興味のある先生方を広く受け入れております。

診療科見学の申し込みはこちら

 

PAGE TOP