大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

小児循環器内科

大阪市立総合医療センター > 
ご来院の皆様へ > 
診療科・部門一覧 > 
小児系診療科 > 小児循環器内科

主な疾患

名称 名称 名称
1 心室中隔欠損 8 単心室 15 大動脈縮窄
2 心房中隔欠損 9 三尖弁閉鎖 16 エプスタイン病
3 動脈管開存 10 肺動脈閉鎖 17 心筋症
4 ファロー四微 11 左心低形成症候群 18 心筋炎
5 完全大血管転位 12 肺動脈弁狭窄 19 心膜疾患
6 両大血管右室起始 13 末梢肺動脈狭窄 20 心臓腫瘍
7 心内膜床欠損 14 大動脈弁狭窄 21  川崎病心血管後遺症

検査・治療件数(2018年度)

心臓カテーテル・心血管造影検査 年間240件(不整脈症例を除いた件数)
心臓カテーテル治療 年間90件(不整脈症例を除いた件数)
心臓超音波(心エコー)検査 年間3000件
胎児心臓超音波検査 年間130件
トレッドミル運動負荷心電図 年間240件
小児心臓MRI 年間50件

治療について

カテーテルによる心房中隔欠損閉鎖術について

心房中隔欠損とは、左心房と右心房の間の壁に穴があいている生まれつきの病気です。左心房から右心房へ血液の漏れが生じ、心不全、不整脈、肺高血圧などを起こし寿命にも影響するため穴を閉じる治療が必要です。従来は外科手術が行われてきました。

 

手術では皮膚を切開し、心臓に人工心肺という器械を装着して、穴を閉鎖します。一方、最近になり胸を切らずに、足の付け根の静脈から細い管を入れて穴を閉じる、カテーテル治療が可能になりました。

 

心房中隔欠損

当院はこの治療が行なえる認定施設になっています。この方法は従来の外科手術と比べても有効性に遜色はありません。
一方、外科手術に比べ、傷が残らず、痛みもほとんど無く、患者さんへの負担が大変少ないという利点があります。
特に女性に多い病気ですので、傷が残らないということは美容面だけでなく精神面でもメリットがあります。

また高齢の患者さんで体力的に外科手術が難しい方でも、負担が少なく治療が行えます。通常の経過ですと5日間程度の入院で済みます。
心房中隔欠損のカテーテル治療を希望される場合は、小児の方は小児循環器内科、成人の方は循環器内科を受診していただきますようお願いいたします。

心房中隔欠損閉鎖器具
心房中隔欠損閉鎖器具②

先天性心疾患、心臓大血管の構造的疾患
2014年版 先天性心疾患、心臓大血管の構造的疾患(structural heart disease)に対する
カテーテル治療のガイドライン(日本循環器学会)より引用、改変

心房中隔欠損に対するカテーテル治療の流れ
  1. 大腿静脈からシースを挿入し、右心房側より欠損孔(穴)を通し左心房側に入れる。
  2. 閉鎖栓を左心房にあるカテーテルの先端まで進めて、左心房側の傘状部を開く。
  3. 閉鎖栓の中心部(ウエスト)を広げて欠損孔(穴)に近づける。
  4. 閉鎖栓中心部の位置に合わせる。
  5. 右心房の傘状部を開く。
  6. 閉鎖栓が確実に留置されたことを確認した後、接続を解除して治療が終了となる。
カテーテルによる心房中隔欠損閉鎖術の様子
  • 心房中隔欠損
    心房中隔欠損を造影しています。
  • 閉鎖栓を切り離す前の確認
    閉鎖栓を切り離す前の確認。
    閉鎖栓は安定して留置され、欠損の漏れはありません。
  • 閉鎖栓は切り離され終了
    閉鎖栓は切り離され終了です。
胎児心臓超音波検査について
胎児心臓超音波イラスト①
胎児心臓超音波イラスト②

当科は、胎児心臓病学会認定の胎児心臓超音波検査専門施設で、胎児の心疾患が疑われ、当院産科に紹介頂いたケースや、直接当科に紹介頂いたケースに対応しています。

 

検査は、村上洋介、川崎有希が担当しています。 1件、1時間くらいで検査を行い、検査後に続けて結果を説明させて頂いています。

 

胎児の心臓に異常が見つかった場合、ご両親は、赤ちゃんを授かった喜びが大きかった分、より強く、驚きや悲しみ、不安を感じられることと思います。そのため、結果説明では、赤ちゃんの病気の特徴だけでなく、出生後の治療の流れ、入院中にご家族と赤ちゃんがどのように過ごす事になるのか、さらにもっと将来的に予測されることなど、時間を十分にとって、丁寧に説明するように心がけています。

実際の検査では

赤ちゃんの心臓の断面を、腹部方向から頭部方向に、平行に描出していき、異常がないかを丁寧にチェックしていきます。

胎児心臓超音波画像
胎児心臓超音波検査画像②
胎児心臓超音波検査画像④

図. 正常な赤ちゃんの心臓断面図の一部
(日本胎児心臓病研究会、日本小児循環器学会 胎児心エコー検査ガイドラインより)

胎児診断の具体例
胎児心臓超音波検査写真①
胎児心臓超音波検査写真⑥

ファロー四徴症:大動脈騎乗を認めます。

完全型房室中隔欠損:共通房室弁が観察できます。

心臓超音波検査画像⑦
胎児心臓超音波検査写真⑧

重症肺動脈狭窄 右心室の壁が肥厚しています。

出生後、NICUに入院し、カテーテル治療を行いました。

総動脈幹症 総動脈幹から肺動脈が直接起始しています。

出生後NICUに入院し、集中治療を始めました。姑息術後に一旦退院し、その後、心内修復術を行いました。

胎児心臓超音波イラスト③
胎児心臓超音波イラスト④

PAGE TOP