地方独立行政法人大阪市民病院機構職員を兼業に従事させる場合の手続きについて

大阪市民病院機構 TOP > 地方独立行政法人大阪市民病院機構職員を兼業に従事させる場合の手続きについて

地方独立行政法人大阪市民病院機構職員を兼業に従事させる場合の手続きについて

兼業依頼について

本法人の職員(有期雇用職員を含む常時勤務する職員。以下「職員」という。)が、兼業(本来の職務以外の業務)に従事することについては、就業規則において事前に理事長の許可を必要としており、「地方独立行政法人大阪市民病院機構職員の兼業に関する要綱」に規定する一定の許可基準に合致し、諸手続を経た場合に限り、原則として勤務時間外に当該兼業に従事することができることとしております。つきましては、平成26年10月の地方独立行政法人化以降、職員に対し兼業を依頼いただく場合は、依頼元である各団体等から、所定の様式により依頼状を提出いただきますようお願いいたします。なお、本法人の職員が事前に許可を受けることなく兼業等に従事した場合は処分の対象となりますので、兼業の依頼にあたっては従事日の1か月前までに手続きいただきますようお願いいたします。

平成26年10月
地方独立行政法人大阪市民病院機構
大阪市立総合医療センター総務部総務課

依頼方法

  1. 兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)をダウンロードする。
  2. ダウンロードした依頼状へ入力する。(下記記入例を参照ください。)
  3. 依頼状をプリントアウトし、社印等を押印する。
  4. 依頼状を従事する職員に送付または持参する。
  5. 従事する職員名にて署名及び部門責任者の承認印を押印の上、各病院の総務課(管理課)へ提出する。

様式・記入例

お問い合わせ先

地方独立行政法人大阪市民病院機構
大阪市立総合医療センター総務部総務課
〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-13-22
電話:06-6929-3602 FAX:06-6929-2041
e-mail:xc0001@osakacity-hp.or.jp

お知らせ