大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

糖尿病内科

大阪市立総合医療センター >  ご来院の皆様へ >  診療科・部門一覧 >  内科系診療科 > 糖尿病内科

 

2014(平成26)に糖尿病センターより糖尿病・内分泌センターへと名称変更したとともに診療科を代謝内分泌内科より糖尿病内科・内分泌内科へと細分化し、専門性を高めることで各領域においてより高度な医療を提供できるようになりました。その上で糖尿病・内分泌センターとして科間の連携をとり幅広い疾患に対応しております。

外来では午前の1診は毎日初診外来として地域医療機関から直近に予約ができるようにしており地域連携を重視しております。そのほか母性外来を設けており妊娠糖尿病の数も多く診療しております。またインスリン/インクレチン注射薬治療やCSII(持続皮下インスリン注入療法)・インスリンポンプ治療も積極的に行っております。

 

 

 

理念・チーム医療

糖尿病治療の目標は健康な人と代わらない生活の質と寿命です。その目標に向かって、糖尿病学会専門医・会員の医師、糖尿病患者さんの日常生活・療養をサポートする専門資格である糖尿病療養指導士(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師・理学療法士)が一丸となって糖尿病患者さんを支えます。

外来での在宅療養指導を専属の看護師(糖尿病療養指導士)がうけもち、フットケアや生活・療養指導(食事・運動・手技確認・精神面のケア)、糖尿病透析予防指導を行い、よい成績をあげております。また当日栄養指導として、外来の診察の帰りに指導が受けられるように利便性を重視しております。個人栄養指導は2017年度でのべ1049名に行いました。

公開市民糖尿病ゼミナール「ためしたカッテン」
katten2018

世界糖尿病デイである1114日の前後に、市民医学講座として公開市民糖尿病ゼミナール「ためしたカッテン」を毎年開催しています。

大阪市民の皆様に糖尿病についての知識を提供していると共に、バーチャルバイキング、血管年齢測定、フットケア実践、自己血糖測定体験などの体験型のブースも設置しております。2018年度は449人もの方々に参加いただきました。

開催日時詳細は市民医学講座のお知らせのページでお知らせします。

入院糖尿病教育コース

火曜日から金曜日の4日間で、当院の医師・看護師・薬剤師・管理栄養士などが一丸となって糖尿病についての知識、食事についての講義・相談、運動の実践を行います。2017年度は82名の患者様に参加いただきました。

また週末入院の教育コース・透析予防教育コースも行なっております。詳しくは当科外来でご相談ください。

〇外来での日帰り糖尿病教育コースも行っています

持続血糖測定(CGM)/ 持続皮下インスリン投与(CSII)
sap

当科では24時間の血糖値を測定する持続血糖測定(CGM/FGM)を導入して盛んに行っております。これは患者さんに血糖の数値だけでなく、血糖の変化(血糖変動)を確認することのできる機械であり、患者さんそれぞれの変化パターンを知ることができます。

また持続的にインスリンを体内に注入することでさらに安定した血糖値を得ることのできるインスリンポンプ(CSII、SAP)も行っております。インスリンポンプは2017年現在で69名の患者さんに使用いただいており大阪府下でも随一の数を誇ります。

母性内科外来

当院では年間約100件の妊娠糖尿病、1型・2型糖尿病合併妊娠の患者さんの内科治療にあたり、大阪府下でも有数の件数です。2001年以降、80名以上もの1型糖尿病合併妊婦さんが当院で出産されています。

より専門的な外来として母性内科を開設し、産科と連携して妊娠糖尿病や、甲状腺疾患合併の妊婦さんの管理を産後フォローアップまで長いスパンでサポートしています。地域医療連携室より予約をお取りください。

mark_ninpu
骨粗鬆症・サルコペニア外来
bone

2019年4月より当科で骨粗鬆症・サルコペニア外来が新設スタートとなりました。

サルコペニアとはからだの筋肉量が少なくなり、からだの機能や筋力が少なくなることです。サルコペニアは糖尿病を含めた多くの疾患との関連が注目されており、また骨が弱くなり骨折の危険性が高くなる骨粗しょう症も糖尿病との関連が研究されています。またレジスタンス運動は筋肉、骨強度の維持が可能であり、その重要性が強調されています。

周術期血糖管理チームDCT(Diabetes Control Team)

2010(平成22)より、他科で入院中の周術期血糖管理や高用量ステロイドに伴う高血糖・血糖変動の大きいハイリスク者の血糖管理を、当科を中心としたDCT(Diabetes Control Team)が行っております。糖尿病内科医が当番で血糖コントロールの指示を行い、術後感染の減少や入院期間の短縮に努めております。インスリン自己注射指導や栄養指導が必要なケースには、糖尿病療養指導士を含めた医療スタッフが指導を行っております。

dct1

図1 DCTの年間介入件数

(平成27年度からPHS申込みから電子カルテ入力申込みへ変更)

dct2

図2 診療科別DCT介入件数(平成29年度)

糖尿病透析予防指導

現在、新規に透析導入となる原因疾患の第1位は糖尿病です。糖尿病腎症から透析に進行することがないよう、医師・看護師・管理栄養士がチームとなって皆さんを支えます。対象は糖尿病腎症2期~4期の患者さんです。平日は毎日開設しています。

臨床研究の情報公開

糖尿病内科では、この領域における医学の発展のために臨床研究を行なっております。

以下に記載の対象者の方は、問い合わせ先に連絡することによっていつでも本研究への参加を拒否することができます。また、研究への参加を拒否されても、診療に関する不利益等を受けることは一切ありません。

 

2018年10月糖尿病合併症の関連臨床因子における後ろ向き調査研究PDF

PAGE TOP