大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

交流の場

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > 小児がん拠点病院 > 交流の場

小児がん患者及びその家族の交流の場

当センターでは、同じ境遇の方や先輩の方と話したり、相談することのできる交流の場を設けています。

外来交流会

緩和ケア認定看護師、小児がん専門MSW、ホスピタル・プレイ・スペシャリスト、小児がん専門臨床心理士が中心となって、外来通院中の小児がん患児・家族を対象に月1回交流会を実施しています。退院後、途切れがちな病気仲間とのつながりを維持し、孤立を防ぐとともに、診察では語られないニーズを拾う場として機能しています。

  • 問い合わせ窓口:がん医療支援センター
  • 電話番号:06-6929-1221
  • 参加対象者:小児がんの患者さんやそのご家族
  • 院内/院外:院内の方のみ参加できます。
  • 患者/家族:どちらでも参加できます。
  • 活動状況:月1回(定期)
てらこや(学習支援)

小児がん担当MSWを中心に大阪教育大学学習ボランティアと共に外来通院患児に毎週学習支援を行っています。学習意欲を高めることだけでなく、「勉強」を通して他者とつながることで孤立を防いだり、診察では語られない学習面でのニーズを拾う場として機能しました。なお、昨年度から入院患者も対象としています。

  • 問い合わせ窓口:医事課
  • 電話番号:06-6929-1221
  • 参加対象者:小児がんの患者さん
  • 院内/院外:院内の方のみ参加できます。
  • 患者/家族:患者さんのみ参加できます。
  • 活動状況:月4回(定期)
AYAの会

AYA世代患者の社会的孤立を防止するため、体験や悩みを話すことを通して交流を深められる会を開催しています。

「AYAの会」(毎月第4金曜日 15:00より開催)

『気軽に誰かに相談したい』『患者同士で話をしたい』という声から、平成28年2月さくらホールにて「第1回 AYAの会」を開催しました。
たくさんの先輩に体験談をお話をいただいたり、グループワークで同じ境遇だから話せることや悩みの共有をしました。
現在は、中学生以上のがん患者さんや経験者を対象に気軽に参加し、同じ時間をすごせる会を開催しております。

  • 問い合わせ窓口:医事課
  • 電話番号:06-6929-1221
  • 参加対象者:小児がん患者さんと経験者の方(当院で治療された方に限ります)
  • 院内/院外:院内の方のみ参加できます。
  • 患者/家族:患者さんのみ参加できます。
  • 活動状況:月1回(定期)
10代の会

ホスピタル・プレイ・スペシャリストが月1回2時間程度、入院中の10歳以上の患児を対象に行っています。
この会では患児たちの主体性を重視しているため、その日の活動(遊び、話し合い、勉強など)はすべて患児たちが決めており、時には会の参加者がお祭りを企画して、年少児を招待するということも見られます。
病室では家族やスタッフの目が気になってできない病気の話や亡くなった他児の話などをする場として機能しています。

  • 問い合わせ窓口:医事課
  • 電話番号:06-6929-1221
  • 参加対象者:10歳以上の小児がん患者さん
  • 院内/院外:院内の方のみ参加できます。
  • 患者/家族:患者さんのみ参加できます。
  • 活動状況:月1回(定期)

がん診療連携拠点病院におけるがん相談支援センターの役割

患者さんやご家族あるいは地域の方々からのがんに関する相談、心理相談をはじめ、がん診療に係わる一般的な医療情報や医療機関に関する情報の収集・提供、地域の病院や診療所との連携の強化・拡大等の取り組みを通じ、患者さんが地域連携を踏まえた質の高い医療の提供を受けることができるように努めてまいります。

がん相談支援センター

相談支援センターは、患者さんやご家族の他、どなたでもご利用いただけます。
当センターでは、がん患者さんとそのご家族の治療上の不安や悩みに対応するため、専門の相談員を配置し、相談者の立場に立って共に考え、より良い方法を見つけるお手伝いをさせていただきます。がん患者さんとそのご家族に対して、専門家による就労相談やソーシャルワーカーによる就学児の修学・復学支援相談を実施しております。

PAGE TOP