大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

QI活動報告

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > QI活動報告

QI Review 2017 医療の質カイゼン

はじめに

当院TQMセンターでは、院内各部門が日々取り組んでいる医療の質改善への取り組みQuality Indicator (QI)を“見える化”する取り組みを行っており、その一部をQI reviewとして冊子化、病院ホームページに掲載致しております。

当院では、倫理コンサルテーションチームや子どもサポートチーム、院内迅速対応チームなど当院ならではの独自の取り組みを地道に行い、医療の質改善につなげている部門が数多くあります。そういった取り組み、成果をわかりやすい形で公表することで、各部門のQI活動への関心がより高まり、取り組みも活発化していくものと思われます。

2017年度から行っている冊子化への取り組みですが,当院の多くのQI指標を多職種で構成されたTQM委員会で最終アウトカム(成果)と介入改善プロセスとの関係、全国レベルとの比較などの点から査読、検討の上,公開QI指標を決定しております。

今年度は新型コロナウイルスの影響で、当院でも様々な困難に見舞われましたが、その中でも院内各部門が医療の質改善への取り組みを継続して行っており、今年度はこれまでで最も多い39 のQI指標を公開することと致しました。

さまざまなQI指標を多職種でreview(検証)し、各部門のクオリティマネージャーとディスカッションを重ねて修正を繰り返すというプロセスは、医療の質改善に向けての取り組み方やその活動の“見せ方”についての理解が深まっていくことが期待されますし、そのような取り組みを “見える化”することで当院の医療の質改善と、ブランド力の向上にもつながっていくものと考えております。

TQMセンターでは、今後も継続的に各部門のQI活動を支援してまいります。

最後になりましたが、ご尽力いただきました各部門のクオリティマネージャー、TQM委員、TQMセンター事務局の方々、そしてなにより日々の忙しい日常診療業務の中、地道にQI活動に取り組んでいる病院職員の皆様に深謝致します。

医療の質改善を目指した多くの方々の想いがつまったQI review 2020、是非ご覧頂きたいと思います。

大阪市立総合医療センター TQMセンター長 金沢景繁

*TQMとは病院という組織全体(Total)で、医療の質(Quality)改善に関する取り組みを継続的に向上させていく(Management)活動です。

TQMセンター長 金沢 景繁

PAGE TOP