大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

中央臨床検査部

大阪市立総合医療センター >  ご来院の皆様へ >  診療科・部門一覧 >  診療支援部門 > 中央臨床検査部

検体検査部門

業務内容
  1. 血液検査・・・・血液中の血球成分を測定し、貧血や白血病などを解析
  2. 生化学検査・・・肝機能、腎機能などを調べるため血液中の酵素や代謝物を分析
  3. 免疫検査・・・・感染症、腫瘍マーカー、薬物、ホルモンなどを検査
  4. 尿一般検査・・・尿中の蛋白、糖などの分析や細胞成分を検査
  5. 緊急検査・・・・24時間体制で輸血・微生物検査の項目も含め60項目の検査を実施
特色

正確な検査データを効率よく迅速に診療科に報告するため、検体搬送ラインの利用や、全自動の測定装置を使用するなど可能な限り自動化をはかっています。診察前に実施する「迅速検査」は検体到着後30分以内の報告をしています。

検査部門業務実績

検体搬送ライン(前処理部)

検体搬送ライン(前処理部)

多項目自動血球分析装置

多項目自動血球分析装置

全自動尿中有形成分分析装置

全自動尿中有形成分分析装置

全自動生化学分析装置

全自動生化学分析装置

免疫検査測定装置

免疫検査測定装置

微生物・遺伝子検査部門

当院は第一種感染症指定医療機関※1として赤痢・コレラ・腸チフス・腸管出血性大腸菌O157など、各種感染症に迅速かつ適切に対応しています。

微生物・遺伝子検査部門では、患者様から採取された痰、尿、便、血液などを顕微鏡で観察したり、培養検査等を行って病気の原因となる微生物(細菌、カビ類、ウイルス、原虫類、寄生虫類など)を見つけ出したり、病原菌の治療に有効な薬剤を調査するなどの検査を行っています。

実施項目

・顕微鏡観察(グラム染色、結核菌蛍光観察、原虫、寄生虫卵検索など)

免疫検査測定装置

肺炎球菌のグラム染色像

便中赤痢アメーバー像

便中赤痢アメーバー像

・細菌培養検査、薬剤感受性試験

培地に増殖した細菌

培地に増殖した細菌

培地に増殖した細菌の性状確認や薬剤感受性試験などの実施

培地に増殖した細菌の性状確認や薬剤感受性試験などの実施

迅速診断試験(クロマト法による60分以内の迅速検査)

  • ウイルス(インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルス、ロタウイルス)
  • 細菌(O157、A群溶連菌、肺炎球菌、レジオネラ菌など)

髄液一般検査(髄液中の白血球数を計測し、炎症像の観察をします。)

遺伝子学的検査(PCR法、パルスフィールド電気泳動)

  • 白血病PCR(M‐bcr/abl)
  • 研究項目として、ヘルペスウイルス測定(PCR法)
  • 院内感染対策として、ノロウイルス測定(PCR法)と緑膿菌、MRSAなどの細菌遺伝子解析(パルスフィールド電気泳動)

パルスフィールド電気泳動による、遺伝子解析パターン

パルスフィールド電気泳動による、遺伝子解析パターン

※1 第一種感染症指定医療機関:感染症は1類から4類、指定、および新感染症に分類されており、第一種感染症指定医療機関とは、新感染症以外の感染症すべてを扱える施設および人材を有する機関です。

PAGE TOP