大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

内分泌内科<完全予約制>

大阪市立総合医療センター
 > 
ご来院の皆様へ
 > 
診療科・部門一覧
 > 
内科系診療科 > 内分泌内科<完全予約制>

 2014年(平成26年)4月に新しく開設された診療科です。
 当科は、ホルモンを作る臓器の疾患やホルモンの過不足により異常を来す疾患といった内分泌疾患を対象としています。下垂体、甲状腺、副腎、副甲状腺・骨系統、性腺疾患に加え、内分泌腫瘍、電解質の異常や内分泌疾患を原因とする高血圧、脂質異常症など対象は幅広く、様々な内分泌疾患の専門診療を担っています。

 

 本院は日本内分泌学会の認定教育施設ならびに日本甲状腺学会の認定専門医施設で、地域における内分泌疾患の専門診療を担っています。スタッフは日本内分泌学会の内分泌代謝科(内科)専門医・指導医、日本甲状腺学会の認定専門医のいずれかもしくは双方の資格を持ち、豊富な経験を有しています。

診療方針

 内分泌疾患は長期の経過をたどるものが多く、様々な他臓器合併症や糖尿病、高血圧、脂質異常症などの代謝合併症を合併し、生命予後や生活の質(QOL:quality of life)、日常生活動作(ADL:activities of daily living)に著しく影響を及ぼします。一方で、甲状腺クリーゼや粘液水腫性昏睡、副腎クリーゼなどの内分泌緊急疾患は早急に治療を行わないと生命の危機に直結します。ホルモンは全身に幅広く作用することから、ホルモンの過不足に伴う典型的な症状、徴候を示す場合もあれば、何となくといった症状の中に隠れていたり、電解質の異常など検査所見の異常をきっかけに発見されたり、さらには他疾患として治療されていたものが実は内分泌疾患が原因であったりなど様々です。そのような中から負荷検査を含めた内分泌学的検査ならびに超音波検査、CT、MRIや核医学検査などの画像検査を駆使することにより様々な内分泌疾患に対して的確な診断を行い、適切な治療方針を決めるように努めています。また、がんなど種々の疾患に対する治療法が進歩していますが、それらの治療に用いられる薬物や放射線治療がホルモンの分泌に影響を与え、治療が必要になることもあります。本院は全54診療科という全国屈指の診療科数を有し、臓器・疾患別の高度な専門医療を提供する総合病院という特長を活かし、他診療科とも連携して高水準の専門的医療を提供するよう努めています。
 
 ➣下垂体疾患に関しては、脳神経外科と密な連携の上に診療にあたっています。
 ➣甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患も耳鼻咽喉科、泌尿器科と連携して診療にあたり、産科とも妊娠中の甲状腺機能管理のため
  積極的に併診を行っています。
 ➣小児代謝・内分泌内科との連携により適切な時期に小児期医療から成人期医療へトランジション(移行)を進め、ホルモン補充療法
  などシームレスな(継ぎ目のない、途切れることのない)医療を行っています。
 ➣内分泌緊急疾患や腫瘍性病変なども各診療科と連携し積極的かつ適切な診療を行っています。
 
 なお、本院は地域医療支援病院であり、地域医療機関との役割分担のもと、十分な情報提供に基づく病診連携の強化・推進に努めています。症状や状態が安定した患者さんにつきましては、お近くもしくは身近なかかりつけ医(地域医療機関)の先生をご紹介させていただきます。

アイソトープ治療(131I内用療法)

甲状腺疾患に対するアイソトープ治療(131I内用療法)を平成28年1月より開始しています。

詳しくはこちら

内分泌(学)とサイエンスが大好きな、あるいは苦手だけど興味がある
若手医師、学生のみなさんへ

詳しくはこちら

PAGE TOP