大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

小児循環器内科

大阪市立総合医療センター >  ご来院の皆様へ >  診療科・部門一覧 >  小児系診療科 > 小児循環器内科

当科は小児の循環器疾患全般を対象疾患としており、先天性心疾患、心筋疾患、川崎病後遺症などの診療に当たっています。不整脈疾患については、平成21年度に開設されました小児不整脈科が担当しています。

年間330件の小児心臓カテーテル検査のうち、3分の2を小児循環器内科が、3分の1を小児不整脈科が実施しています。心エコー図は年間約3000件実施しています。
また当科は胎児心臓病学会認定の胎児心臓超音波検査専門施設で、胎児心エコーは年間約130件実施しています。(詳しくはこちらをご覧ください→   胎児心臓超音波検査について   

心疾患が見つかった場合は、産科、新生児科と連携して、分娩様式や時期など、周産期からの計画的治療に努めています。また出生後も、小児循環器内科、小児不整脈科、小児心臓血管外科、集中治療科で連携し、診断から、周術期管理まで一体となったチーム医療を行っています。

先天性心疾患のカテーテル治療は、バルーンを用いた血管形成や、側副血管のコイル塞栓、ステント留置など、多岐の治療を行っています。また、アンプラッツァー法による心房中隔欠損閉鎖術、動脈管開存閉鎖術の認定施設です。
急性心筋炎など危急的心疾患については、集中治療室(ICU)の機能を活用し、24時間体制で治療にあたっています。

当院の特色として、小児領域のあらゆる分野の専門医(例えば、小児神経内科や、小児耳鼻科、小児整形外科など)が常勤しているため、心疾患以外の合併疾患に対しても、併せて診療を進めることができます。
大阪市の児童・生徒心臓精密検診の3次も担当しており、心疾患をもつ学童・生徒の健康管理に携わっています。

PAGE TOP