大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

交通アクセス

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

緩和ケアセンター

大阪市立総合医療センター > ご来院の皆様へ > 診療科・部門一覧 > 領域・臓器別センター > 緩和ケアセンター

緩和ケアセンターとは

おとなと子どものための緩和ケアセンター

大阪市立総合医療センターは、がんと診断された患者さん・ご家族が適切な治療とケアを受けて自分らしく暮らしていけることを目指しています。そのために2015年4月、緩和ケアセンターが設立されました。
緩和ケアセンターはがんと診断された患者さん・ご家族を対象に、地域医療機関とともに緩和ケアを提供する複数の体制を統括する組織です。大人から子どもまで、病院でも住み慣れた地域においても「緩和ケア」を提供して皆さまが孤立することなく安心して治療に取り組みながら暮らしていけるように様々な体制を用意しています。しかし、緩和ケアセンターは、まだ発展途上ですので皆さまの声を受けとめてこれからも発展強化してまいります。

緩和ケアとは

緩和ケアを含むがん医療の目標は、単なる治療の効果としての延命だけではなく、患者さんの生活の質を維持し、より向上させることにあります。WHO(世界保健機関)の緩和ケアの定義には「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関して、きちんとした評価を行ない、それが障害とならないように予防したり、対処することで、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を改善するためのアプローチ」とあります。つまり、緩和ケアとは「もう治療できる見込みがなくなった」時から受けるケアではなく、がんと診断されたときから身体のつらさや心のつらさを和らげるために行なわれるものなのです。

また、がんに関しての相談、セカンドオピニオンについての相談、仕事上の相談に関してはがん相談支援センターをご利用ください。

組織と役割

がん対策推進基本計画では、がんと診断されたときから患者さんとそのご家族が、精神心理的苦痛に対する心のケアを含めた全人的な緩和ケアを受けられるよう、また、がん患者さんが住み慣れた家庭や地域での療養や生活を選択でき、緩和ケアへのアクセスがスムーズに行われるよう施設内外での多職種連携が不可欠とされています。
患者さんの価値観を尊重し、患者さんの希望に合わせた治療・ケア、療養ができるように、多職種チームによって全面的にサポートし、質の高いケアを提供する必要があります。このことから、緩和ケアセンターには、身体症状や心理社会的なつらさに診療とケアを提供する大人緩和ケア室 子ども緩和ケア室があります。その他に緩和ケア病棟の統括、地域医療に向けたコンサルテーションや緩和ケアの普及啓発事業を主な役割として担っています。

緩和ケアセンター

緩和ケアセンター 構想図

ご利用方法

緩和ケアをうけたいとき

緩和ケアを受けたいと思われたとき、以下の方法で受けることができます。

  • 主治医に直接申し出る
  • 「身体とこころ、生活のつらさに関する問診票」の「専門家に相談を希望する」欄に「はい」と回答する

また、緩和ケアとはどんなことをしてくれるのか、お知りになりたい場合はがん相談支援センターでお問い合わせください。

がん相談支援センター

がんについての不安や悩みに対して、がん相談員がご相談者の立場に立って一緒に考え、良い方法を見つけるお手伝いをします。
また、セカンドオピニオン・就労に関する問題などのご相談に乗ります。
詳しくは、がん相談支援センター(TEL:06-6929-1221(代))までお問い合わせください。

身体とこころ、暮らしのつらさに関する問診について

当院では、がんと診断された方(入院時に開始しその後、定期的に行いますが、現在は一部病棟入院されたあとその後、外来通院をしておられる方に限らせていただいています。)を対象に「身体とこころ、暮らしのつらさに関する問診」という自記式の問診票を実施しています。身体症状・精神的症状・社会的な問題等について現在つらく感じているかどうか、その内容についてお聞かせいただくものです。入院、外来を通じておよそ2カ月に1度実施しています。職員より同問診票をお渡しします。
ご自身のつらさに対して相談をしたい場合、緩和ケアチームの看護師が対応し、必要なアドバイスをするとともに適切な対処をともに考えさせていただきます。

身体とこころ、生活のつらさに関する問診票

がん看護カウンセリング

外来通院中のがん患者さんとそのご家族を対象に病状、治療方針の説明時に緩和ケアチームの看護師が同席させていただき医師の説明後の精神的ケアや情報の整理、アドバイスをさせていただくものです。あるいは、不安や症状へのつらさ、療養上の困りごと等に対してもケアを行うものです。がん看護カウンセリングは、医師からの依頼が必要です。希望される方は主治医にご相談ください。

緩和ケアケアチーム(病棟ラウンドチーム)

一般病棟に入院している場合でも、がんの治療を受けながら緩和ケアを受けるシステムです。入院中の患者さんに対して痛みなどつらい症状や精神的ケアを必要としている方に対して医師・看護師が回診します。原則として1日1回、病室に回診します。緩和医療の専門医が主治医、病棟のスタッフ、患者さんと話し合い診察し、つらい症状を和らげます。希望される方は医師、病棟看護師にご相談ください。

緩和ケアチーム外来

がんに対する薬物療法や放射線療法などの治療を受けながら、あるいはこれらの治療を受けていなくても通院しながら緩和ケアを受けられるシステムです。
月曜日~金曜日の午前10時~午後15時30分(医師交代制)に緩和ケアチームの医師・看護師によって行なわれる外来です。
身体のつらい症状はもちろん、療養上の困りごとにも共に考え、日々の療養が過ごしやすくできるようにサポートします。

緩和ケア病棟について

当院の緩和ケア病棟は通院中の患者さんに対してご利用できる全室個室の病棟です。
専門のスタッフが身体やこころのつらさをできるだけ和らげる治療とケアを提供する病棟です。症状を和らげて退院することも可能です。

関連リンク

がん相談支援センター(がんに対する様々な悩みや心配事、セカンドオピニオン)

外部リンク

PAGE TOP