大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

交通アクセス

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

災害拠点病院

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > 災害拠点病院

災害拠点病院

当院では、大阪府知事より平成8年4月から災害拠点病院に指定されております。
災害拠点病院とは
  • 災害拠点病院とは、災害対策基本法に基づく都道府県知事が指定する医療機関のことで、都道府県内や近隣での災害時における医療救護活動拠点となる病院となり、被災現場において応急救護を行う救護所や救急病院・救急診療所などと連携し、傷病者の受け入れやDMAT隊の派遣を行う機能を有する病院のことであります。
当院の取り組み
  • 平成7年1月に発生した阪神淡路大震災の際には、多数の被災患者を受け入れるともに、医師・看護師等も被災地に出動し、医療用物品なども多量搬送した。
  • 平成17年4月に発生したJR福知山線脱線事故の際には、負傷患者の受け入れを行った。
  • 平成23年3月に発生した東日本大震災の際には、DMAT隊を発災直後に現地派遣し、その後も岩手県釜石市の栗林小学校に医療救護所を設営し、被災された住民の方に対する医療救護活動などを継続的に実施した。
  • 平成28年4月に発生した熊本地震の際には、DMAT隊を発災直後に現地派遣し、被災病院での診療応援などを実施した。

PAGE TOP