大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

災害医療

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > 災害医療

令和元年度災害訓練の実施

令和元年11月22日(金)にて、地震時の医療活動訓練を院内各所にて実施しました。南海トラフ沖にて地震が発生し、大阪市域にも甚大な被害が発生したという想定で、発災とともに、院内に災害対策本部を立ち上げ、院内各所の被害状況把握に努め、重症患者の受入や区役所との連携、津波警報に対する避難指示など、経過毎に発生する細かなシナリオに対応し、実災害時の作業や動線の確認を行いました。発災後、負傷した患者さんが病院に次々に来られると想定し、新たな災害傷病者追跡システムを使用しながら実際に模擬患者を使ってトリアージを行いました。区役所と災害医療協力病院との外部連携を実施し、災害後の道路や気象など、さまざまな状況を想定しながら医薬品などの物資供給や重症患者の搬送をシミュレートしました。現実に災害が起こった時、被害をできる限り最小にし、現状でできるかぎりの医療活動を行っていけるよう今後も大阪府災害拠点病院として訓練を重ね対応能力の向上に努めてまいります。

災害対策本部では課題への対応が迫られる

01

災害初療指揮所で各役割の任命を行う

02

院内外各所からの情報の集約と精査

03-1

エレベーターの閉じ込めを想定した訓練

04

トリアージでの受入対応

05

各エリアでの患者対応

06

訓練終了後の講評

07-1

PAGE TOP