大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

がんゲノム医療について

当院はがんゲノム医療拠点病院に指定されています

がんゲノム医療とは

「がんゲノム医療」とは、「がん」の遺伝子を詳しく調べ、一人一人の遺伝子の変化に応じた治療などを行う医療です。最近の「分子標的薬」と呼ばれる抗がん剤はある特別な遺伝子変化をもつがんに良く効くことが知られています。
がんの種類にもよりますが、治療選択に役立つ可能性がある遺伝子変異は約半数の患者さんに見つかります。
しかし、遺伝子変異があっても、使用できる薬がない場合もあり、がん遺伝子パネル検査を受けて、自分に合う薬の使用(臨床試験を含む)に結び付く人は、全体の10~20%程度と言われています。

がん遺伝子パネル検査は、次世代シークエンサー(NGS)という装置を用いて、組織や血液のがん細胞の遺伝子変異を調べます。がんの原因となる遺伝子変異が見つかった場合には、その遺伝子変異に対応する薬剤を選択できる場合があります。
令和3年度8月より、血液による遺伝子パネル検査(リキッドバイオプシー)が保険適用となり、組織での検査が困難な固形がんでも検査が可能となりました。

 

がんゲノム医療外来の受診について

がんゲノム医療を受けていただくためには、いくつかの条件があります。
全身状態が良く、その「がん」に対する標準的な治療がない、また、局所進行や転移が認められ標準的な治療が終了している(もしくは終了が見込まれる)場合で、主治医が条件を満たすと判断した患者さんが対象となります。
※小児悪性固形腫瘍(脳腫瘍)も対象となります。

まずは、主治医とご相談ください。

 

受診の流れ

がんゲノム医療の診察は、3回に分けて実施します。
①1回目の診察で、がんゲノム医療(保険診療)の対象かどうかの判定、検査についての説明をします。
②2回目の診察で、同意のうえ出検します。

 採血が必要な場合は、この日に採血させていただきます。

※1回目、2回目の診察、いずれかにご家族と一緒にご来院ください。
③検査結果に基づき、症例検討合同カンファレンス(エキスパートパネル)を実施し、最適な治療について検討します。

④検査より約1カ月後、3回目の診察で、検査結果と結果に基づいた治療選択について説明します。

※検査後の治療については、3回目の診察(結果説明)後、紹介元の主治医とご相談ください。

がんゲノム医療の流れ2021.8から

 

費用について

  検査費用として、56,000点(3割負担の方の自己負担:168,000円)が必要です。検査に提出しても、検体の状態によっては最終的な
  レポート作成ができない場合がありますが、その場合も同額となります。

  ※検査費用は、2回目の診察(同意書提出時 8,000点)と3回目の診察(結果説明時 48,000点)の2回に分けてお支払いいただきます。

  ※その他、診察料、診断料などが別途必要です。

  ※上記費用には、検査後の治療のための費用は含まれません

患者さんへ

がんゲノム医療外来は、検査を目的としております。検査後は、検査結果と合わせ、当院が行う症例検討合同カンファレンス(エキスパートパネル)により、現時点で可能な治療についてご説明し、医療機関にご報告いたします。検査後の治療については現在治療を受けておられる医療機関もしくは紹介された医療機関でご相談いただくことになります。 当院への転院ではありませんので、あらかじめご了承ください。
また、診察予約は医療機関からの事前申込・完全予約制です。ご希望の方は、現在治療を受けておられる医療機関でご相談ください。
その際、必ず主治医に当院ホームページ 「がんゲノム医療について」の「主治医の先生ならびに医療機関の方へ」をご確認いただくよう依頼してください。
がんゲノム医療外来予約の際、患者さんに記載いただく用紙(④がんゲノム医療外来に関するチェックリスト(患者用))がありますので、内容をご確認いただき、必要事項記入のうえ、主治医にお渡しください。

 

【診察時、必要なもの】
 健康保険証類
 ①~⑧(紹介元医療機関よりお受け取りください)
   ①診察予約票
   ②診療情報提供書
   ③がんゲノム医療外来予約に関するチェックリスト(医師用)
   ④がんゲノム医療外来予約に関するチェックリスト(患者用)
   ⑤ゲノム医療情報登録用紙・別紙
   ⑥病理組織診断結果
   ⑦画像データ(CD)
   ⑧腫瘍組織(スライド等)

※血液による検査の場合は、⑥・⑧は不要です。

 

【お問合せ】がん相談支援センター

主治医の先生ならびに医療機関の方へ

 がんゲノム医療外来について(紹介の際は、必ずご確認ください)

当院のがんゲノム医療について

平成30年4月  京都大学医学部附属病院と連携し「がんゲノム連携病院」に指定(平成30年4月1日付)

平成30年10月    自由診療でのがん遺伝子パネル検査開始

令和元年 9月  厚生労働省より「がんゲノム医療拠点病院」に指定(令和元年9月19日付)
令和元年11月  保険適用でのがん遺伝子パネル検査開始(6月保険収載)

令和3年  8月   血液によるがん遺伝子パネル検査(リキッドバイオプシー)開始(8月保険収載)

PAGE TOP