大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

医療連携部のご案内

大阪市立総合医療センター > 医療関係者の皆様へ > 地域医療連携について

医療連携部のご案内

平成30年度より、地域医療連携センターと入退院センターが統一され医療連携部となりました。
患者さんの立場に立ち、安心・安全な医療を提供することや、変化する医療ニーズに迅速・的確に対応するため、医療連携部を設置し、これまで以上の連携を目指します。

地域医療連携室
  • 地域医療連携室
  • 地域医療連携室では、地域医療機関との医療連携を進め、紹介患者さんに安心して受診していただくため、地域医療機関の先生方と当センター医師とのスムーズな連絡・連携の窓口としての役割を果たすことを目的としています。看護師と事務の混成で迅速・的確な対応を目指しています。また、当センターでの治療が終了した患者さんには、地域の医療機関の先生方のもとで治療を続けていただくよう逆紹介を行っています。逆紹介等、スムーズな地域連携のため、連携登録医・連携登録歯科医、医療機関データベースへの登録にご協力をお願いします。
主な業務内容

紹介患者さんの診察予約

② かかりつけ医の紹介

③ 緊急診療要請への対応

④ 緊急入院要請への対応

⑤ 紹介元医療機関への結果報告・情報提供の管理

⑥ 学術講演会等の各種講演会・症例検討会・勉強会の開催

連携登録医・連携登録歯科医にご登録いただくと、次のような内容をご利用いただけます

◆開放病床のご利用

入院の必要がある患者さんに開放病床をご利用いただき、地域医療機関と当センターが共同して医療を提供することができます。

 

◆院内医療機器のご利用

CT検査(単純)・RI検査(骨シンチ)を行い、検査所見は紹介元医療機関に郵送でご報告します。

 

◆院内施設のご使用

センター職員専用の図書室(4階)の蔵書及び電子ジャーナルを閲覧していただけます。
また、研修や勉強会で利用可能な連携登録医研究室(都島センタービル2階)をご使用いただけます。

 

予約・申込み・問い合わせ等は地域医療連携室へご連絡ください。
TEL:06-6929-3643   FAX:06-6929-0886

 

  •  退院支援
  • 【入院支援】
  • Patient Flow Management(PFM)を行っています。PFMとは入院前に患者さんから問診を行い、早期からMSW・栄養部・リハビリなどと情報を共有し、患者さんに安心して入院し適切な時期に安心して退院していただく仕組みです。
    「入院前問診」という外来予約で、予定入院の患者さんに入院前の注意事項から入院に必要な書類や物品、入院のおよその期間などを説明します。また、患者さんからのご質問にできる限りお答えします。
    入院前の地域での生活状況等も考慮して、入院治療後も元の地域へ安全かつ安心して帰っていただけるように、情報の連携に努めています。

 

 

  •  退院支援
  • 【退院支援】
  • 身体的・精神的・経済的・社会的問題を抱えておられる方々に、医師・看護師・医療ソーシャルワーカー・関連する多職種が連携・協働して対応しています。また、地域の医療・保健・福祉などの各機関と連携を図りながら、満足できる療養生活を送って頂けるよう活用できる社会資源の紹介や手続き、在宅支援・転院支援をしています。

 

 

  • 医療相談
  • 【医療相談】
  • 医療、福祉、看護について、総合医療相談窓口を設置し、随時の相談や、専門・認定看護師による予約相談に応じています。

PAGE TOP