大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

交通アクセス

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

産科

大阪市立総合医療センター > ご来院の皆様へ > 診療科・部門一覧 > 外科系診療科 > 産科

科の特色

当院は大阪におけるOGCS(産婦人科診療相互援助システム)の基幹病院となっており、産科部門はNICU・新生児科・小児外科・小児循環器内科・小児心臓血管外科・小児脳神経外科との連携のもとに周産期医療の一拠点として機能しています。救命救急センターを有する高度・高機能な総合病院のなかにあるので、各専門分野との集学的医療によって母体救命や合併症妊婦の管理に完璧を期することができ、充実した小児診療部門との連携では母児一貫の高度医療が可能となっています。

年間約900件の分娩を取り扱っていますが、その約半数は母体搬送を中心としたハイリスク妊娠であり、特に未熟児や病児の出産に繋がる症例、多胎、妊娠高血圧症候群重症型、母体合併症(糖尿病、心疾患、腎疾患、甲状腺疾患等)を多く取り扱っています。

緊急母体搬送も24時間体制で受け入れており、他の医療機関からの各種相談に応じています。

研究面では、妊娠高血圧症候群重症型や高度子宮内胎児発育不全の管理、多胎の管理、切迫早産の治療等の臨床・研究に力を入れています。また、遺伝カウンセリング室において、臨床遺伝専門医及び認定遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングや羊水、繊毛組織を用いた出生前診断も行っています。
※詳細は遺伝カウンセリング室をご覧ください。

産科受診をご希望の方・お産のご案内

PAGE TOP