大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

交通アクセス

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

婦人科腹腔鏡外科

大阪市立総合医療センター > ご来院の皆様へ > 診療科部門一覧 > 外科系診療科 > 婦人科<完全予約制> > 婦人科腹腔鏡外科

科の特色

2016年(平成28年)2月に新たに開始された診療科です。当院でも以前より多くの患者さんに低侵襲医療が提供できるように、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医による「腹腔鏡専門外来」を開設していました。

今後さらに多くの患者さんに低侵襲医療を提供できるように、より一層の高い質の医療を提供するため、腹腔鏡手術に特化した婦人科腹腔鏡外科を開始する運びとなりました。

婦人科腹腔鏡外科スタッフは日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医で、豊富な手術経験を有しています。当院は日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設であります。

婦人科腹腔鏡外科診療日:毎週水曜日・木曜日
担当医:徳山 治

受診される場合は、「婦人科」宛の紹介状をご持参の上、地域医療連携室(TEL:06-6929-3643)でご予約をとってください。

診療日以外も腹腔鏡手術担当医師が外来をしていますが、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医の診療日は水曜日と木曜日となります。

  • 全ての病気に対し腹腔鏡手術が行えるわけではありませんので、病気の状況によっては開腹手術を選択することもあります。
  • 腹腔鏡手術の開始後に合併症や出血のために腹腔鏡手術継続が困難と判断した場合は、術中に開腹手術に変更することもあります。

腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術とは

お臍、下腹部に5mmから12mm程度のトロッカーと呼ばれる筒を数ヶ所に挿入し、お腹の中を観察するためのカメラと手の代わりになる鉗子と呼ばれる器具を挿入し行う手術です。従来の開腹手術と比較して傷が小さく、術後の痛みが少なく、美容上も優れており、早期の社会復帰が可能です。ただし直接手で行うものではないため、手術は難しくなると言われています。

5mmのカメラ

5mmのカメラ

鉗子と持針器

鉗子と持針器

PAGE TOP