大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

腎移植・透析部

大阪市立総合医療センター >  ご来院の皆様へ >  診療科・部門一覧 >  診療支援部門 > 腎移植・透析部

科の特色

 透析部は2015年4月より、これまで以上に腎移植を推進していくため、腎移植・透析部に名称変更しました。 腎移植・透析部は泌尿器科および腎臓・高血圧内科の各医師で構成され、急性・慢性腎不全の透析治療、合併症治療、特殊血液浄化療法を行うとともに腎移植の推進にも力を入れています。
血液透析は泌尿器科、腎臓・高血圧内科で協力して施行し、特殊血液浄化療法は腎臓・高血圧内科が中心となり、腹膜透析、腎移植(生体・献腎)は泌尿器科が中心となって施行しています。
また腎移植に関しては、認定レシピエント移植コーディネーターと協力して腎移植の成績向上に努めるとともに、腎移植を希望する患者さんの相談にも対応しています。
当部では、腎不全患者に発症した種々の合併症(心・血管系合併症、整形外科合併症、眼科合併症、腫瘍、感染症など)に対しても、それぞれの関連各科と綿密な連携を持って、積極的にチーム医療を行っており、大阪市における「腎不全総合管理施設」としての位置づけを十分に担っていると自負しております。
また、特殊血液浄化療法に関しては、SLEなどの自己免疫疾患に対しての血漿交換療法や免疫吸着療法、潰瘍性大腸炎に対しての白血球除去療法などを積極的に行っております。
当院は、開院以来200例以上の腎移植施行の実績があり、日本移植ネットワ-クの腎移植施設に認定され、献腎移植の推進にも力を入れています。
尚、当院においての維持血液透析は行っていません。

診療方針

患者さん個々が望み、また最もふさわしいと思われる治療方法を週2回のカンファレンスで検討し、治療方針を決定しています。また、月1回腎移植カンファレンスを行い、より良い腎移植医療を目指しています。

PAGE TOP