大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

感染症内科

大阪市立総合医療センター
 > 
ご来院の皆様へ
 > 
診療科・部門一覧
 > 
内科系診療科 > 感染症内科

科の特色

 感染症内科では、室内が陰圧で、空気が流れださない病室などにより、個室で隔離治療できます。たとえばはしかや水ぼうそう、インフルエンザなどは他の患者さんや職員へ感染しないように隔離して院内感染を防いでいます。

 診療可能な感染症は、年齢に関しては乳児から成人まで、地域に関しては国内感染症のみならず輸入感染症(マラリア等)にも及んでいます。つまり、開放性結核を除き、ほぼ全ての感染症にわたって診療可能です。小児の感染症の診療については、小児救急科のスタッフと協力して運営しています。また、救命救急センターや集中治療部とも協力し、重症感染症の診療にも実績をあげています。

 更に、多職種(医師、看護師のみならず薬剤師、ソーシャルワーカーやカウンセラーなど)によるチーム医療にも取り組んでいます。
熱帯病治療薬研究班の班員になっており国内にない特殊な治療薬の入手が可能です。中央臨床検査部の協力により、マラリア検査、細菌培養や細菌・ウイルス遺伝子検査を行い、精度の高い病原体診断に努めています。

 渡航者ワクチン外来では、予防接種のみならず、海外渡航に必要な検診、診断書作成、マラリア予防薬の処方等も行っています。また、労働安全衛生規則に基づく海外派遣労働者の健康診断は行っていませんので御注意下さい。

PAGE TOP