大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

交通アクセス

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

病院指標

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > 病院指標

平成28年度 大阪市立総合医療センター病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 4,462 1,497 806 1,457 1,622 1,902 3,891 4,810 2,718 290

当院は12の臓器別センターと58の診療科を擁しており、高度専門医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しております。
60歳以上の患者さんが半数を占めておりますが、当院は17の診療科からなる「小児医療センター」を有している事に加え、「小児がん拠点病院」にも指定されている為、20歳未満の患者さんも多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 345 3.14 3.06 0.87 69.79
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 247 4.87 5.51 0.81 64.98
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 241 4.37 4.71 0.83 71.39
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 88 16.05 17.95 11.36 78.84
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 3.12 3.22 0 69.78
循環器内科は、虚血性心疾患、末梢動脈疾患に加え、不整脈疾患、弁膜症を含めた心不全を中心に診療を行っています。虚血性心疾患に関しては、冠動脈CTの普及に伴い増加傾向です。また近年の種々の報告よりPolyvascular Disease(全身性動脈硬化症疾患)という概念の下、末梢動脈疾患の件数は増加しています。不整脈疾患については、加齢に伴う心房細動のアブレーションの件数増加が著明です。また超高齢化時代の突入に伴って高齢者の心不全や大動脈弁狭窄症も増加傾向です。
消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 126 8 11.06 2.38 73.09
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 106 6.94 9.02 0.94 73.31
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 4.98 10.41 1.79 67.55
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 14.41 14.28 3.57 65.39
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 9.11 14.75 2.63 66.32
消化器内科で多く扱っている疾患は,総胆管結石による胆管炎,早期胃がん・食道癌・大腸癌,肝硬変による食道静脈瘤,膵癌などです.総胆管結石による胆管炎は救急で受診される場合が多く,夜間や休日でも内視鏡を用いて治療を行っています.早期胃がんや表在型食道がん(早期の食道がん)・早期大腸がんは内視鏡(胃カメラや大腸内視鏡)を用いて内視鏡的切除を行います。なかでも患者さんへの負担が少なく,確実に切除できる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を主に行っています.肝硬変患者さんにできる食道静脈瘤は大きくなると破裂してしまう恐れがあるので,胃カメラで静脈瘤をつぶす治療である内視鏡的硬化療法を行っています.膵癌については,超音波内視鏡を用いた膵癌の診断や抗がん剤治療など を行っています.
消化器内科はこのように内視鏡を用いた治療を中心として行っていますが、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患や、急性膵炎なども診療しています.
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 119 25 26.26 15.97 76.55
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 97 26.16 24.42 24.74 68.76
070180xx97xx0x 脊椎変形 手術あり 定義副傷病 なし 59 16.27 20.55 5.08 24.76
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 47 24 22.55 19.15 70.32
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 44 17.7 17.99 0 72.43
上位2疾患は膝および股関節に対する人工関節置換術を行った症例です。平均在院日数は全国平均とほぼ同程度となっています。股関節の方が転院率が高いのは、罹病期間が長いためにリハビリテーションに要する期間が長くなるためです。3位の脊椎変形は、成人のみならず思春期に発症する特発性側弯症の症例が多く含まれているため平均年齢が24歳と低くなっています。特発性側弯症の手術が可能な病院は大阪府下でも限られており、当院の大きな特色の一つと言えます。
産科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 178 7.92 9.88 0 34.4
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 126 9.44 9.77 0.79 34.47
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 83 5.08 6.86 3.61 32.47
120160xx01xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 子宮破裂手術等 80 16.78 14.03 0 34.15
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 69 21.38 20.79 2.9 32.04
当院産科は総合周産期母子医療センターとして母体胎児集中治療室(MFICU)6床を有し、救命救急センターやICU、新生児集中治療室(NICU)12床と緊密な連携をとりながら合併症妊産褥婦、ハイリスク妊娠の管理、緊急母体搬送の受け入れ等を行なっている周産期医療部門です。年間の分娩取り扱い数は1000件前後(胎児数)で、ハイリスク妊娠またはハイリスク分娩の割合は50%超となっています。また妊娠高血圧症候群では重症高血圧やHELLP症候群などの臓器障害を伴う重症例、早発型症例を取り扱っており症例数の割合は12.5%におよんでいます。切迫早産症例についても30週未満の入院管理は症例数の頻度は6%となっています。このように大阪府中部地域における総合周産期母子医療センター機能に恥じない周産期医療を市民に提供しているのが当院産科の特色です。
腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 221 13.66 12.35 0.9 67.5
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 85 10.59 9.82 0 67.51
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 65 12.18 12.01 0 67.06
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 14.33 14.83 8.16 71.2
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 33 41.52 31.17 3.03 62.94
当院の腫瘍内科は、肺がん、乳がん、消化器がん(大腸がん、胃がん、食道がん、膵がんなど)、軟部肉腫、原発不明がん、皮膚がん、甲状腺がんなどの固形がんに対する薬物療法を主体とする集学的治療を行っているのが特徴です。近年薬物療法の主体は外来治療へと移行していますが、肺がんや食道がんなどの比較的長時間の薬物療法の場合は短期入院での治療を行っています。また、肺がんや食道がんなどにおいては薬物療法と放射線療法の併用療法や外科療法における術前術後の薬物療法など集学的治療を行っています
婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 113 3.83 5.12 0.88 59.62
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 100 5.12 6.42 0 40.8
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 80 6.28 6.29 0 42.94
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 56 2.95 4.92 0 62.21
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 49 11.06 13.29 0 56.43
最も入院件数の多い疾患は、子宮頸部、体部、卵巣、子宮付属器の悪性腫瘍(主に術後症例、再発症例)に対する抗がん化学療法目的のものです。大半が3~4週間に1回の短期入院で点滴を実施し、それを4~6回繰り返すため、表記上、入院件数として多くなっています。ただし、点滴時間の短い場合は該当薬剤の初回投与時を除き通常外来(外来化学療法室)で行っています。次に多いのは、卵巣嚢腫や子宮筋腫などの良性疾患に対する手術症例で、早期退院、早期社会復帰が可能な低侵襲治療法である腹腔鏡下手術を原則としています。子宮頸部・体部および卵巣の悪性腫瘍に対しても積極的に取組んでおり、子宮頸部・体部悪性腫瘍の早期症例に対しては腹腔鏡下手術(ロボット支援手術を含む)の取組みも行っています。
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 83 6.27 7.44 1.2 71.55
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 73 5.7 7.85 1.37 72.55
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 56 4.21 11.72 0 62.84
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 47 11.3 13.39 0 67.51
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 40 3.55 5.33 2.5 63.83
当科では尿路悪性腫瘍の患者さんを中心に治療を行っています。特に膀胱がんと前立腺がんの治療数が多く、手術だけでなく化学療法、放射線などを含めた集学的な治療を行っているのが特徴です。また、消化管や婦人科疾患で尿路が狭窄し、水腎症をきたした患者さんに対しても、尿管ステント留置術や尿路変向術を積極的に行っています。
小児血液腫瘍科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 89 29.65 41.96 1.12 7.34
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2 2あり 85 4.06 13.96 0 7.11
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 65 1.28 11.54 0 4.75
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 6.43 6.12 0 3.53
180050xx97xxxx その他の悪性腫瘍 手術あり 35 1.97 17.63 0 4.46
全国15カ所の小児がん拠点病院として、小児白血病および脳腫瘍、神経芽腫をはじめとする固形腫瘍の診療を行っています。小児がん拠点病院の中でも当院の特徴は小児脳腫瘍が多いことであり、全国でも1、2位を争う診療件数と治療実績を誇っております。当院で開発した小児固形腫瘍に対する自家造血幹細胞移植法は、日本の標準的な治療法として定着しており、海外からも注目されています。これまで累計200件以上で実施し、特に小児脳腫瘍分野で大きな効果が得られています。
新生児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 559 6.55 6.18 0 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 105 11.82 11.55 0.95 0
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり 23 22.13 27.33 0 0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2 なし 21 7.1 8.28 0 0
140010x497x4xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1000g未満) 手術あり 手術・処置等2 4あり 13 104.62 127.11 0 0
大阪府下の総合周産期母子医療センターの一つとして、また大阪新生児診療相互援助システム(NMCS)の基幹病院の一つとして、大阪で出生した重症のハイリスク新生児の診療にあたっています。産科との連携により超早産児や超低出生体重児を多く診療しており、また小児系関連各科との連携により新生児期に手術治療を要する先天性心疾患、新生児外科症例、新生児脳神経外科症例を多く診療していることも特色の一つです。さらに、救命救急センターや成人内科系、成人外科系診療科との連携により、母体合併症を有する妊婦さんや、救命救急医療を必要とする妊婦さんから出生した新生児にも対応可能です。したがって、どのようなニーズを持った新生児にも対応しています。
消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 13.5 15.92 0 67.84
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 62 14.19 17.65 4.84 66.95
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 14.57 17.98 0 65.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 12.46 9.08 0 69.29
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等 手術・処置等2 1あり 17 39.29 38.19 5.88 65.88
消化器外科では、食道癌、胃癌、大腸癌などの消化器癌の手術患者を中心に、入院治療を行っています。1番目に多いのは、結腸癌に対する手術患者で、約90%の患者に対して腹腔鏡手術を行い、小さな傷で身体に優しい、低侵襲手術を行っています。 2番目に多いのは、胃癌に対する手術患者です。胃癌に対しても多くを腹腔鏡で行い、低侵襲手術を行っています。 3番目は直腸癌に対する手術患者で、直腸癌に対しても80%を超える患者に対して腹腔鏡手術を行っています。 4番目は腸閉塞患者で、当院で手術をされたり、他院で手術をされたりした患者を受け入れて、入院治療を行っています。ほとんどの腸閉塞患者は手術せずによくなって退院されます。 5番目は食道癌患者です。食道癌に対しても鏡視下手術を積極的に取り入れ、低侵襲に努めています。
小児神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 282 5.5 7.12 1.06 7.13
010230xx99x20x てんかん 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 51 9.71 14.25 0 5.84
010080xx99x01x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 27 7.33 21.9 0 6.22
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 7.21 9.36 0 6.53
010230xx99x01x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 18 15.61 20.18 0 4.83
小児神経内科で対応する最も多い疾患はてんかんで、その有病率は100人に1人であり、小児期にピークを認めます。小児・青年期のてんかん診療は、こどもの脳の発達や将来そして人生を決定づけます。小児医療センターの多くの診療科と協力して、主に小児期のてんかん診療を行っています。2015年4月に包括的な診療を目的として、「小児青年てんかん診療センター」を開設しました。複数のてんかん専門医を有しており、てんかん専門外来にて、新規抗てんかん薬、食事治療(ケトン食療法)、状況によっては臨床治験薬などの相談に対応しています。毎月てんかん診療包括カンファレンスを開催し、てんかん外科治療の適応の有無について議論し、外科治療を積極的に行ってきております。小児においては、全国でも有数のてんかん患者数・てんかん外科手術数となっております。また次に多い疾患は感染ならびに自己免疫関連の急性脳炎・脳症となります。救急救命センター・集中治療センターと共同しながら、全身管理に加えて脳低温治療、抗発作治療、免疫調節治療などの脳保護治療を実践しております。
血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 137 17.05 16.83 1.46 68.84
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 64 40.83 41.96 3.13 44.33
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり 44 29.98 36.08 2.27 58.86
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 42 31.5 34.9 0 65.5
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 21 21 17.63 0 61.1
当科では造血器悪性腫瘍である非ホジキンリンパ腫、急性白血病症例を中心に診療を行っています。非ホジキンリンパ腫に対する初回治療は入院で行い、2回目以降は外来化学療法センターで行っています。予後不良と考えられる初発例あるいは初回治療抵抗性あるいは再発症例に対して自家末梢血幹細胞移植を行い、予後改善を目指しております。急性白血病は入院にて治療を行い、予後不良な染色体を有する症例に対しては血縁者あるいは非血縁者間造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植、骨髄移植、臍帯血移植)を積極的に行っております。
救命救急部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 87 18.49 27.63 71.26 79.9
160980xx0100xx 骨盤損傷 体外式脊椎固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 22.92 34.32 69.23 63
040081xx97x1xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 あり 11 29.09 53.95 36.36 52.64
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 4.82 7.12 0 33.09
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 定義副傷病 なし 11 15.18 14.19 36.36 84.64
外傷センター(救命救急部)では高齢者に見られる骨粗鬆症に合併する大腿骨近位部骨折や上腕骨骨折、橈骨遠位端骨折の早期手術に積極的に取り組んでおります。当院通院中の患者だけでなく、近隣病院や診療所からの紹介患者も積極的に受け入れ、特に近隣病院で合併症が重篤で手術のリスクのある患者に対しても受け入れ手術を行っています。さらに受傷後24時間以内の手術は90%を超えており、積極邸な早期リハビリも導入し早期の社会復帰を目指しています。地域連携パスも早期に導入し、当院での大腿骨近位部骨折の平均在院日数も18日となっております。
糖尿病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 105 15.52 16.4 1.9 69.29
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 44 11.8 12.94 0 69.77
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 41 14.85 14.91 0 63.22
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 40 13.53 16.31 0 66.1
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 27 12.7 14.61 0 56.11
糖尿病内科の特徴は、糖尿病患者の併発症も入院加療しています。そのため重症症例も多くなっています。ただし、入院患者の大多数は85歳未満の2型糖尿病患者でした。末梢循環不全をともなって緊急に入院したものが190名あり、そのうち149名は、肺炎、心不全、足病変、腎盂腎炎、認知症などを併発して緊急入院になっています。190名のうち146名はインスリン加療しており、ケトアシドーシス症例も含まれます。併発症もありインスリン加療を行ったもの(105名)が最も平均在院日数も15.5日と長く、1.90%(2名、重症下肢病変症例と誤嚥性肺炎+胃瘻作成症例)が転院しております。一方、末梢循環不全のない入院症例は67名ですが、全員インスリン加療を要しています。そのうち40名は併発症を起こしていますが、重症例ではありませんでした。残りの27名は併発症のないもので、平均年齢56.1歳と最も若く、平均在院日数も12.7日と短い症例でした。糖毒性解除のため、インスリン強化療法を行うことが主目的の症例が大半であったと思われます。
なお、DPC症例全体では、平成28年度は535症例の入院症例であり、併発症のない2型糖尿病症例354名、併発症のない1型糖尿病症例24名、ケトアシドーシス症例30名、妊娠合併症例7名でした。合併症症例では、心不全10例、腎不全14例、肺炎31例、敗血症9例、足病変12例が主な併発症でした。このように当科の特徴は、いわゆる血糖コントロール目的の患者のみならず、併発症をおこしての緊急、準緊急入院が約35%と多いことであり、糖尿病患者さんの全身管理に努めております。
腎臓高血圧内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 10.27 12.84 4.2 66.67
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 56 7.41 7.58 0 49.11
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 37 18.57 17.77 2.7 65.51
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 28 28.25 37.06 17.86 73.18
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 26 11.12 14.77 0 72.46
腎臓高血圧内科は、蛋白尿や血尿の尿異常の患者に積極的に腎生検を行い、診断、治療を行っています。また、慢性腎臓病で食事療法や薬剤調節が必要な患者に対しては、腎教育入院(4-6日間)をしています。さらに、腎センターとして腎移植・透析部と連携し、血液透析や腹膜透析を行っています。腎炎、糖尿病性腎症、腎疾患を伴う膠原病の、早期から腎不全、さらに透析導入、その後の合併症、腎移植後の管理に至るすべての腎疾患患者を腎センターとして受け入れています。
肝臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 183 10.64 11.74 1.09 74.56
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 7.35 10.33 0 69.96
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 55 8.96 8.7 0 74.75
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 11.76 13.5 12.12 62.06
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 21 10 10.87 4.76 75.95
肝臓内科で最も多い入院は肝細胞癌で、治療として肝動脈塞栓術、抗癌剤肝動注、経皮的ラジオ波焼灼療法、ソラフェニブ治療などを行っています。他に転移性肝癌の診断(肝腫瘍の針生検)や肝硬変の合併症(難治性腹水、肝性脳症)治療、非アルコール性脂肪性肝炎や自己免疫性肝疾患の診断(肝生検)、C型肝炎のインターフェロンフリー治療などを行っています。どの肝疾患も専門医が的確に診断し、最適の治療を行うようにしています。
眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 124 3 3.36 0 39.44
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2 4あり 75 2 2.49 0 80.75
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 33 7.48 7.72 0 71.73
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 30 9.27 10.53 0 56.63
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 22 7 7.01 4.55 67.86
大阪エリアでは当科が斜視手術の中心施設となっているため紹介患者が多数集まり、斜視手術関連が1位になっております。加齢黄斑変性症や糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF抗体療法(アイリーア等)は一般開業医では取り扱わないことが多いため、当科が数多く実施しておりますので2位となっております。また黄斑上膜や黄斑円孔などの黄斑部の硝子体手術も多く施行しているため、黄斑、後極変性の手術ありが、3位となっております。網膜剝離は失明に繋がる緊急かつ重篤な疾患であり、当科への紹介が多く4位となっております。糖尿病網膜症や硝子体出血などの硝子体手術が必要な疾患も多く手掛けているため硝子体疾患その他の手術片眼が5位となっております。
小児感染症科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 8.74 6.42 0 2.71
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 35 8.63 6.02 0 3.94
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 7.86 5.79 0 5.66
030270xxxxxxxx 上気道炎 20 4.05 4.83 0 2.1
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 17 8.12 12.43 0 3.65
当科の入院は小児医療センターの特性上、先天性・後天性に生じた基礎疾患を有する患児における感染症が多く、頻度は呼吸器・腎尿路・消化器・神経系・その他全身の感染症の順となっています。呼吸器疾患では非侵襲的陽圧換気の一種であるハイフローネーザルカニュラの導入により、呼吸不全を一般病棟で管理できる症例が増えつつあります。腎盂腎炎では小児泌尿器科に依頼して尿路評価を行っています。難治性川崎病、腸管出血性大腸菌による溶血性尿毒症症候群では集中治療部門において血液浄化療法が可能です。
肝胆膵外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 6.09 7.61 0 64.5
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 手術・処置等2 なし 62 12.27 15.85 1.61 70.48
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 24 21.25 24.96 0 66.46
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 16 11.13 11.74 0 75.25
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 15 7.07 6.82 0 68.87
肝胆膵外科では、肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍に対する外科手術を中心とした治療を主に行っております。具体的には肝臓癌、転移性肝癌、肝内外胆管癌、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌、膵臓癌などの悪性腫瘍です。これらの疾患に対し、集学的治療の観点から肝臓内科、消化器内科、放射線科、超音波科、病理部との週1回の合同カンファレンスにより治療方針を決定し、至適な手術適応の上で手術を行っております。このうち、特に肝臓癌や転移性肝癌においては、低侵襲な腹腔鏡下肝切除を積極的に導入しており、術後早期の退院、早期の社会復帰につなげております。膵臓癌においても根治性と安全性を両立させ、術後合併症が極めて少なく、早期の退院が可能となっております。また、これら臓器の良性疾患に対する手術も積極的に行っており、胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術においては、当日入院も導入し、在院日数を短縮させ、より早期の社会復帰を支援しております。こういった取り組みの結果、全国平均と比較し、短い在院日数となっております。
呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 99 4.1 3.68 0 72.44
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 52 13.94 19.92 0 70.17
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 12.94 13.85 0 73.12
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 7.38 9.14 7.69 58.46
040050xx99x0xx 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 12 11.92 15.29 0 73.5
呼吸器内科では肺癌を中心とした悪性腫瘍を確定診断するため、短期間の気管支鏡検査入院が最も多くなっています。最新の遺伝子診断を行い、呼吸器外科・腫瘍内科・放射線治療科といった最適な科に紹介しています。間質性肺炎は抗線維化薬を中心とし、症例に応じてステロイドや免疫抑制剤による治療を行っています。増加しているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は、心臓をはじめとする全身の合併症評価と吸入指導、リハビリテーションを行っています。ほか胸水貯留の原因検索のための胸腔鏡検査入院や、気胸に対するドレナージ等も積極的に行っています。
呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 194 12.13 12.73 0 67.92
040180xx97xxxx 気管支狭窄など気管通過障害 手術あり 47 7.09 16.2 17.02 54.02
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 20 26.65 21.29 10 69.05
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 16 9.69 9.15 0 47.44
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 38.4 31.34 10 64.4
呼吸器外科では肺癌を主とした肺の悪性腫瘍に対する手術を行っています.早期肺癌はほぼ全例で胸腔鏡下手術を施行しており,進行肺癌に対しては他科とも連携した集学的治療,拡大手術を行っております.また当科の特色としては,気管・気管支の狭窄に対する治療を積極的に行っています.
総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 42 19.52 17.77 2.38 61.29
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 18 10.11 11.97 0 59.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 15.8 21.25 30 78.3
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -
総合診療科は各臓器別診療科で対応できない疾患や対応すべき診療科を特定できない症例を対象としています。また、臓器別診療に当てはまらないリウマチ・膠原病類縁疾患を対象とするリウマチ科としての役割も担っています。従って発熱や倦怠感、全身の痛みなど、症候だけでは主科の判断がつかない症例が受診されます。鑑別診断を適切に行い、悪性腫瘍などは適切な専門科に紹介しますが、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(いわゆる膠原病や膠原病類縁疾患)、関節リウマチなどのリウマチ性疾患、髄膜炎、全身性膿皮症、複雑性尿路感染症、基礎疾患を持つ誤嚥性肺炎などの重症感染症はシームレスに当科で治療します。また、かかりつけ医に通院中のリウマチ性疾患症例が、合併症を来たし入院や高度な医療が必要になった場合のバックアップを行うリウマチセンターの機能も担っており、依頼件数も増加しています。
脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 19.61 22.47 0 64.92
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 11.52 11.83 9.52 79.67
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 17.47 19.35 10.53 54.26
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 18 13.17 16.73 27.78 73.5
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 12.93 16.54 13.33 70.53
脳神経外科で最も頻度の高い症例は、良性、悪性の脳腫瘍、さらに救急疾患である頭部外傷、脳梗塞などであります。神経膠腫に対する覚醒下手術、神経生理的モニタリングなどの画像誘導システムを必要とする脳内腫瘍の摘出術を行っています。さらに症例によっては、手術とガンマナイフを組みわせた治療を行うことにより、より良好な機能温存を目指しています。重症頭部外傷に関しては、救命救急センターと協力して治療に当たっています。脳梗塞に関しても、ストローク・ケア・ユニット(SCU)を活用して、急性期治療を行うことで適切な治療を提供しています。
初期急病診療部

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 13.63 21.25 23.68 74.18
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 31 10.58 12.43 12.9 69.42
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 26 17.58 19.24 15.38 80.96
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11 10.27 11.97 0 64.18
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 8.7 9.08 10 71.6
当科は当院通院中の患者さんや、地域医療機関からの紹介患者さんの二次救急を中心とした成人内科系疾患全般の緊急診療を行っています。各専門診療科及び救命救急部と密に連携を取りあいながら、初期対応およびトリアージを行っています。入院加療を必要とするが、各専門科での対応が不要な疾患(主に肺炎、尿路感染、蜂巣炎などの感染症)については当科で入院加療を行っています。
小児耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 136 2.29 3.32 0 5.05
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 100 5.33 8.12 0 5.21
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 10 8.1 9.36 0 7.9
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1 なし - - 8.39 - -
030425xx97xxxx 聴覚の障害(その他) 手術あり - - 8.99 - -
入院患者数が最も多いのは滲出性中耳炎の患者であります。局所麻酔で治療可能な患児は外来にて鼓膜チューブ挿術等を行っています。次に多いのがアデノイド増殖症や扁桃肥大の患児であります。
小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 29 2.76 3.29 0 2.48
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 18 2.39 8.57 0 2.28
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 3.93 7.44 0 6.57
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 13 5.38 5.6 0 9.77
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 手術なし 手術・処置等2 なし - - 6.02 - -
小児外科が治療を担当する疾患は多岐におよんでいます。専門的診療が必要な稀少疾患、小児がんの外科治療、低出生体重児の外科治療など、症例数は少ないけれども高度な小児外科診療が必要な疾患への対応能力も必要となります。小児が罹患することの多い小児外科疾患に対する診療能力も問われます。停留精巣、臍ヘルニア、虫垂炎、さらにはDPCが適用されない鼡径ヘルニアなどが後者にあたります。これらの疾患については、多数例の経験から質の高い外科治療を行っています。胃食道逆流症は重症なハンディを持っている児の合併症として多く見られます。治療方針決定のための検査や栄養療法確立のための入院加療を行っています。新生児外科で頻度の高い直腸肛門奇形やヒルシュスプルング病についても豊富な経験に基づいた確実で質の高い診療を心がけています。
耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 40 6.6 7.47 0 54.65
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 40 6.35 8.12 0 36.08
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 17 7.88 7.75 0 59.47
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 5.47 5.5 0 41.27
030360xxxxxxxx 副鼻腔嚢胞、鼻前庭嚢胞 11 6.45 7.42 0 66.64
耳鼻咽喉科では、耳、鼻、のどの疾患の他、頭頸部の腫瘍(良性、悪性)も取り扱っています。手術目的の入院では、慢性副鼻腔炎、慢性扁桃炎、慢性中耳炎、頭頸部腫瘍の件数が多くなっています。救急対応も多く、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、喉頭炎などの感染症の他、突発性難聴などの緊急入院も多く取り扱っています。
小児循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 68 4.5 4.39 0 6.72
14029xxx97x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 27 5 6.45 0 11.59
14029xxx9900xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 23 2 4.98 0 8.83
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2 なし 21 7.9 5.91 0 6.1
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 7.08 8.95 0 0
小児循環器内科では、先天性心疾患、心筋症、川崎病後遺症、不整脈など小児心臓病の診療を行っています。なかでも先天性心疾患の診断と治療が多いです。不整脈のカテーテル治療など高度な不整脈治療は小児不整脈科で行っています。心臓カテーテル検査を年間240件行っていますが、うち約100件はカテーテル治療です。カテーテル治療は外科的に手の届かないところの治療ができることと、患者さんへの侵襲が少ない利点があります。胎児・新生児から成人期までの先天性心疾患と上記小児心疾患の患者さんの診断と治療を行っています。
小児眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 237 3.01 3.36 0 8.61
140090xxxxxxxx 先天性鼻涙管閉塞 11 2.18 3.01 0 1.64
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.91 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
020210xx97x0xx 網膜血管閉塞症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 8.02 - -
小児眼科で圧倒的に多いのは斜視手術で、平成28年度の統計では全体の約85%を斜視(眼筋)手術が占めます。対象疾患の内訳は多いものから順に外斜視47%、内斜視22%、滑車神経麻痺9%、眼振2%、麻痺性斜視2%、その他2%であります。大阪市の患者さんのうち小児眼科疾患の多くが当科に紹介されます。斜視に次いで多いのは、先天性鼻涙管閉塞ですが、ここに挙げられているのは、1歳を過ぎてから受診したため、全身麻酔による入院治療が必要であった症例だけです。平成28年度の先天性鼻涙管閉塞の初診患者数は58例で、1歳未満の患者のほとんどは、外来において点眼麻酔で治療しています。白内障手術(水晶体吸引術)は、小児期白内障に対してだけではなく、胎生血管遺残等に続発する水晶体原性緑内障の治療としても行われています。成人眼科とは違って、白内障・緑内障・網膜剥離等の疾患は非常に少なくなっています。
心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 47 21.55 24.7 4.26 66.45
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 22 13.5 12.74 0 76.82
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 15 28.6 21.94 6.67 74.2
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 14 23.5 27.92 0 69.5
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 19.31 16.98 7.69 77.62
当科での心臓・大血管手術の特徴は弁膜症手術の比率が高く、大動脈弁狭窄症に対しては、原則的に80歳以上の高齢者はカテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)を行っています。僧帽弁閉鎖不全症に対しては、人工腱索再建(ループ法)による僧帽弁形成術を第一選択として施行しています。また、冠動脈バイパス術では、高齢者や重篤な併存疾患を有する患者さんにはオフポンプで行っており、低侵襲手術を心がけています。腹部大動脈瘤症例の6割にステントグラフト内挿術を行っており、解剖学的理由や、比較的若年者では、開腹下の人工血管置換術も積極的に行っています。
小児脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 21 1.14 3.97 0 5.19
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 1.12 11.54 0 7.76
010230xx97x00x てんかん 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.17 - -
010070xx01x20x 脳血管障害 脳血管内手術等 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 20.52 - -
140070xx01xxxx 頭蓋、顔面骨の先天異常 頭蓋骨形成手術 頭蓋骨のみのもの等 - - 22.03 - -
小児脳神経外科は複数科連携での治療を要する疾患が多いです。具体的には脳腫瘍、てんかん、頭蓋縫合早期癒合症などの治療が多いのが特徴です。さらにこれらの疾患は長期的に術後も外来で経過観察しますが、学童期以前に必要な鎮静下のMRIなどは医療安全上積極的に入院での対応を行っており、入院数の約半数は1日検査入院となっています。
脳血管内治療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 21 15.52 16.54 28.57 71.38
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 16 3.06 3.2 0 56.63
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 12.64 19.35 21.43 33.14
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 11.25 10.24 0 59.42
040240xx97x0xx 肺循環疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 12 5 7.73 0 37.5
脳血管内治療科では、脳卒中の全ての疾患、つまり脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の診療を行っています.内科的な治療に加え、カテーテル治療も主な治療手段としており、脳梗塞では超急性期の血栓回収療法や慢性期の血管形成術やステント留置術も積極的に行っています.くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤にはコイル塞栓術を行っています.国内でも有数の症例数を持つ小児、特に新生児の脳血管奇形に対する脳血管内治療やオスラー病に関連することが多い肺動静脈瘻の塞栓術も当科で行っています.
小児形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 54 3.24 3.46 0 7.67
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 34 9.71 9.91 0 3.03
140210xx02xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 副耳(介)切除術 13 3 3.11 0 1.54
140490xx971xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 あり 13 9.15 9.94 0 1.08
020230xx97x1xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 あり 12 7.08 5.27 0 5.83
小児形成外科における中心疾患は、先天異常によるものが大半を占めています。具体的な疾患名で示しますと、口唇裂・口蓋裂、小耳症、多指(趾)症、合指(趾)症などが多く含まれます。また、DPCコードに含まれない頭蓋顔面の先天疾患(クルーゾン、アペール、ファイファー症候群など)も数多く扱っております。治療方法の中心は全て手術加療になります。
患者数は、他科との共同が多く、この数字にすべて反映されておらず、実際には1.5倍程度の数値が対象となっています。
小児整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070210xx97xxxx 下肢の変形 その他の手術あり 28 4.71 14.07 0 11.54
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 26 4.96 7.84 0 6.12
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 21 3.67 5.33 0 7.67
070210xx01xxxx 下肢の変形 骨切り術 前腕、下腿等 - - 23.36 - -
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり - - 20.64 - -
小児整形外科では手・足を含む四肢変形(先天性および後天性)に対して治療を行っています。外傷についても肘周辺骨折をはじめ股関節、大腿骨、膝周囲の外傷を数多く治療しています。小児の患者さんには、非手術的(保存的)な治療が基本ですが、手術が必要な場合でも入院期間が短くて済むように治療を行っています。
乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 57 9.28 10.3 0 65.11
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 56 6.2 6.59 0 55.48
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 36 11.44 11.57 0 61.19
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - 4.1 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.39 - -
治療においては腫瘍内科、放射線腫瘍科、形成外科が連携しており、遺伝子診療部でのカウンセリングも可能です。重い心疾患や精神疾患を合併する方にも必要に応じて各診療科が対応して手術を行います。信仰上の理由による無輸血手術にも対応しています。
感染症内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2 なし 55 16.95 21.81 1.82 38.29
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 17 9.35 8.96 5.88 62.82
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -
0400801299x001 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - - 10.21 - -
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2 なし - - 7.24 - -
感染症指定医療機関としてエボラ出血熱等の特殊な感染症(1類感染症、2類感染症)を隔離し診療できる病棟があります。またエイズ治療中核拠点病院としての役割を担っています。
入院患者としてはHIV/AIDS、隔離が必要な疾患(帯状疱疹を含む)や各種感染症(髄膜炎、腸炎、肺炎等)、輸入感染症(熱帯病、マラリア)など幅広く感染症を受け入れています。
小児泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 32 3.34 3.29 0 2.25
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 26 10.77 10.03 0 3.27
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし 20 2.9 9.43 0 5.4
11013xxx03xxxx 下部尿路疾患 尿管膀胱吻合術等 13 9.85 9.48 0 6.15
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 5.83 - -
小児泌尿器科の特徴は、小児領域の尿路、性器に関するすべての疾患に対応可能なことです。同時に、小児期に治療を終了しても、大人になって新たに起こってくる問題(腎機能障害、排尿機能障害、性機能障害)にも、対応できます。取り扱う頻度が多い疾患として、尿路の疾患では、膀胱尿管逆流症、水腎症、巨大尿管症、尿管瘤、尿管異所開口、尿路結石、尿道弁など、または、夜尿症、昼間尿失禁に代表される尿漏れ、二分脊椎などによって引き起こされる神経因性膀胱など、性器の疾患では、尿道下裂、埋没陰茎、停留精巣、陰嚢水腫、性分化疾患、女児の外陰部形成術などに対応しています。
形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 41 2.59 3.44 0 63.12
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 13 7.92 7.91 0 53.31
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 12 2.75 3.46 0 15.58
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 11 3.91 6.11 0 53.18
140190xx97xxxx 小耳症・耳介異常・外耳道閉鎖 手術あり - - 12.33 - -
形成外科として多い疾患は、老人性眼瞼下垂であり、また、他科と共同で行う事の多いものは、乳房再建や顔面骨骨折、頭頸部悪性腫瘍の再建などがあります。表記されていないのは、他科との共同治療の場合には患者数が他科に含まれることがあり、実数より少ないもしくは示されないためです。
よって、対象は、悪性腫瘍切除後の再建、顔面外傷、眼瞼疾患などが中心です。
神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010140xxxxx0xx 筋疾患(その他) 手術・処置等2 なし 10 13 11.63 0 45.1
010130xx99x0xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 なし - - 16.22 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.71 - -
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 4あり - - 20.62 - -
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.7 - -
神経内科が対象とする疾患には、治癒することが難しく症状軽減目的の維持療法が必要な難病が多数含まれます。指定難病の1つである重症筋無力症は、従来の抗アセチルコリンレセプター抗体(抗AChR抗体)に加えて抗筋特異的チロシンキナーゼ抗体などの抗体検査ができるようになり、以前に抗AChR抗体陰性のため診断に難渋した症例にこのような抗体が検出されるようになってきました。当科では治療ガイドラインに則った治療を継続的に行うことで安定した日常生活を送れることを目指しております。
高齢化社会を迎えパーキンソン症状を訴える患者が増えてきています。当科では、MRの統計学的画像解析法やDAT-Scanなどの新たなトレーサーを用いた画像検査で神経変性疾患の診断の裏付けを行っています。正常圧水頭症は、すくみ足などの一部のパーキンソン症状を伴う治療可能な認知症疾患です。診断には、髄液を抜いて症状の改善を確認するタップテストが必要となります。診断後、手術に関して脳神経外科へ相談しております。
てんかんは神経内科疾患の中で比較的頻度の高い疾患の1つです。発作により日常生活や社会生活が制限されるなど様々な問題を含んでいます。最近は、以前の薬と異なる作用機序で副作用の少ない新薬が複数開発されてきております。
小児代謝内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 2.86 3.81 0 3.9
140500xx99x1xx 骨軟骨先天性形成異常 手術なし 手術・処置等2 あり - - 4.38 - -
100250xx99101x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 9.96 - -
100120xx99xxxx 肥満症 手術なし - - 17.96 - -
100335xx99x00x 代謝障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.16 - -
小児代謝・内分泌内科では、小児の成長障害、内分泌疾患全般(下垂体、副腎、甲状腺、性腺など)、糖尿病、肥満、低血糖症や先天代謝異常症を幅広く診療しています。入院は成長障害や内分泌疾患診断のための負荷試験、糖尿病の発症時やコントロールのための入院、先天代謝異常症の発作時対応のための入院などが比較的多い状況です。その他、小児がん・脳腫瘍の治療後の内分泌管理、特に副腎皮質ホルモンによる治療の最適化のための入院なども行い、必要十分な治療で長期的な予後の改善に寄与しています。
皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 32 5.91 8.78 0 77.12
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 21 3.76 4.28 0 60.86
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 7.75 8.96 0 67.35
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
皮膚科では、皮膚疾患全般に対する急性期治療を行うとともに,難治性皮膚疾患,皮膚悪性腫瘍を積極的に実施しています。皮膚腫瘍に対する手術療法,帯状疱疹・重症薬疹など,急性疾患の入院治療が多くなっています。
小児心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 25 18.48 25.84 0 7.2
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2 なし 18 9 15.13 0 7.39
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 12 4.67 4.39 0 9.92
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2 なし - - 14.56 - -
14031xx103x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2 なし - - 20.35 - -
当科は大阪市内唯一の小児心臓血管外科施設であり、先天性心疾患の手術を行っています。従来、救命できなかった、最重症の複雑な先天性心疾患においても手術成績は向上し、救命率が98%前後になっています。
単純な心疾患では縮小皮膚切開により低侵襲を目指し、入院期間の短縮も実現しています。
小児総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 22 8.41 7.58 0 11.82
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 21 17.1 22.67 0 6.19
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 11 15.73 17.77 9.09 13.45
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.12 - -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.84 - -
当科は幅広く一般的な小児科疾患を総合診療的立場で日常診療を行っていますが、腎臓指導医・専門医による小児腎疾患の専門的診療を特徴としています。慢性糸球体腎炎疑いの症例に対する組織診断を目的とする経皮的腎生検件数が多く、また小児期発症ネフローゼ症候群に対する治療管理数が多いことが特徴です。また、小児期発症の膠原病症例の診療も行っています。
小児不整脈科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 84 5.45 5.51 0 11.58
050070xx01x10x 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし - - 8.9 - -
050070xx99100x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.46 - -
050210xx99000x 徐脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.35 - -
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 4.39 - -
小児不整脈科は,日本で唯一の小児不整脈科であり,日本全国の乳幼児,小学生,中学生,高校生の不整脈に対して,カテーテルアブレーション治療を行っています.入院期間は平均5日間です.ペースメーカ,植込み型除細動,原因不明の失神に対する植込み型心電計留置手術も積極的に行っています.
内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 4.97 6.12 0 47.2
100250xx99101x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 9.96 - -
100260xx9911xx 下垂体機能亢進症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 あり - - 12.05 - -
100260xx9710xx 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 20.12 - -
100260xx9910xx 下垂体機能亢進症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 6.78 - -
内分泌内科での入院は副腎疾患,下垂体疾患,甲状腺疾患が多く占めます。副腎疾患では副腎腫瘍,副腎皮質機能低下症に対し内分泌学的負荷検査を行って的確に診断することに加え,原発性アルドステロン症に対する副腎静脈サンプリング検査を放射線診断科と一緒に行っています。副腎腫瘍などで外科的治療が必要な場合は,泌尿器科と緊密に連携して行っています。下垂体疾患では下垂体腫瘍,下垂体機能低下症や尿崩症の診断のために内分泌学的負荷検査を行うことにより治療方針を決定し,下垂体腫瘍など腫瘍性病変の治療は脳神経外科と緊密に連携して行っています。甲状腺疾患ではバセドウ病に対する薬物療法ならびに放射性ヨード治療を行うとともに,バセドウ眼症に対するステロイドパルス治療および放射線治療(放射線治療は放射線腫瘍科に依頼)行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 140 32 38 38 18 70 1 7,6
大腸癌 87 50 60 35 29 47 1 7
乳癌 72 53 15 - 12 31 1 7
肺癌 126 56 126 157 20 216 1 7,6
肝癌 27 21 21 10 42 290 1 7,6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大がんの患者数を初発と再発にわけて集計しています。5大がんとは、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんをいいます。
初発患者数は、ステージ(Stage)別に集計しています。
ステージ(Stage)とは、がんがどれくらい進行しているかという進行度合を意味しています。
ステージ分類にはUICC(国際対がん連合)によって定められたTNM分類と癌取扱い規約があります。UICCは国際的に用いられていますが、癌取扱い規約は学会・研究会で作成している日本独自の分類です。UICCでは癌を原発巣の拡がり、所属リンパ節転移の有無と拡がり、遠隔転移の有無の3つの要素によってステージ0~Ⅳ期に分類しています。この集計では、ステージⅠ~Ⅳ期を対象としており、ステージ0期は含みません。ステージ(Stage)がⅣに近いほど進行している癌ということになります。
当院では、消化器系のがんにおいては体の負担が少なく、術後回復の早い低侵襲手術を行っています。
また、消化器系に限らず、病状によっては抗癌化学療法、放射線療法を加えた集学的治療が必要となりますが、この場合は腫瘍内科、放射線科の専門医とのチームワークで治療を実践しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 10.8 59.09
中等症 142 12.25 70.46
重症 30 15.6 76.7
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活を送る中でかかる肺炎の事です。
年齢や性別、意識障害の有無等の5項目から構成される「肺炎の重症度分類」を用いて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。
重症度が高くなるほど、平均在院日数が長くなり、高齢化傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 169 28.32 71.72 25.52
その他 23 15.65 62.83 2.6
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 13 10.15 72.15 7.14
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 21 8.33 14 4.35
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院ではあらゆる病型の脳梗塞を脳血管内治療科と脳神経外科で診療しています。特に発症から3日以内の急性期脳梗塞は脳卒中ケアユニット(Stroke Care Unit (SCU))で症状の増悪や再発を予防しながら、早期リハビリテーションを開始して後遺症を最小限にするように努めております。また脳主幹動脈閉塞に伴う重症の脳梗塞の場合は血栓溶解薬 (t-PA)の静注療法やカテーテル治療による再開通療法も積極的に行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 815 1.15 1.21 0.12 68.43
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 134 1.66 10.63 5.22 70.18
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 等 109 0.56 5.53 0.92 72.91
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 等 52 1.17 1.42 0 63.23
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 等 51 1.88 5.82 5.88 72.57

消化器内科では、内視鏡を用いた手術を行っています。一番多いのは,大腸ポリープに対する内視鏡手術です.大腸ポリープは良性でも切除せずにいると何年か後に癌になる可能性がありますので,ポリープのうちに内視鏡で切除するのです.次に多いのが,肝臓でつくられる胆汁を流す胆管が胆石や腫瘍が原因で閉塞した場合に発症する閉塞性黄疸、胆管結石や胆管狭窄が原因で発症する胆管炎などに対して内視鏡を用いてチューブや金属ステントを留置する内視鏡的胆道ステント留置術です.また,総胆管結石を取り出すために,胆管の出口(乳頭)を内視鏡で切開する内視鏡的乳頭切開術も多く行っています.次に多いのは早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。ESDは早期胃がんだけではなく、表在型食道がん(早期の食道がん)、早期大腸がんなども対象として行っています。壁が薄い十二指腸の場合には,肝胆膵外科と共同して,腹腔鏡・内視鏡合同手術を行っています.


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 667 0.98 1.27 0.15 75.28
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 等 97 0.87 6.44 0 66.09
K2423 斜視手術 前転法及び後転法の併施 等 68 1 1 0 35.13
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 等 27 1.22 6.04 3.7 63.3
K2421 斜視手術 前転法 等 25 1 1 0 46.72

当科は難治性白内障の手術紹介が多く、網膜疾患に対する硝子体切除の際に白内障手術を併施することが多いため、白内障手術が1位となっております。網膜?離や増殖性糖尿病網膜症は失明に繋がる重篤な疾患であり、また網膜前膜等の患者数も多いため、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)が2位、同(その他)が4位となっております。また大阪エリアでは当科が斜視手術の中心施設となっているため紹介患者が多数集まり、斜視手術関連が3位、5位を占めております。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 等 227 1.96 22.59 19.82 72.99
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 58 3.64 20.91 17.24 70.81
K142-21 脊椎側彎症手術(固定術) 等 52 2 17.71 13.46 31.83
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 41 0.68 16.56 43.9 66.56
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 39 2.62 15.97 5.13 71.54

特筆すべきは第4位の「骨折観血的手術(大腿)等」における平均術前日数が0.68日となっていることであります。該当する症例の多くは高齢者の大腿骨近位部骨折であるが、ほとんどが入院当日(ほぼ受傷当日)に手術を行っていることを意味します。早期に手術を行うことは、早期離床ならびに種々の合併症の予防につながります。これは当院の誇るべき数値と言えます。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 等 214 1.48 2.49 0.47 65.27
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 等 192 3.09 2.81 2.08 71.95
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 74 2.26 1.65 1.35 72.24
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 等 47 5 9.68 6.38 78.34
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 等 47 1.74 1.72 0 69.09

心臓カテーテル治療(PCI)の治療はFFR(冠血流予備量比)を測定してからの施行となります。2016年4月より開始しました経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)も1年間で35例施行し、順調に増加しています。不整脈治療部門では、アブレーション治療の件数は順調に増加しました。2015年11月よりクライオアブレーション導入後、当院では発作性心房細動症例はクライオアブレーションを第一選択としており、結果として2016年は初回治療例の約8割がクライオアブレーションとなりました。ペースメーカや植え込み除細動器などの心臓デバイスは当院開院以来、初めて100例を超えました。ここ数年、AEDの普及により、心肺停止搬送症例の蘇生成功症例が増加していることを実感しております。それに伴い、植込み型除細動器の適応症例が増加しております。


産科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 250 5.13 6.24 0 33.47
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 219 6.28 5.69 0 34.55
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 等 52 0.12 0.04 0 35.58
K8961 会陰(腟壁)裂創縫合術(分娩時)(筋層に及ぶ) 等 36 3.58 4.94 0 34.92
K8941 低位(出口)鉗子娩出術 29 2.79 5.17 0 32.9

総合周産期母子医療センターとして合併症母体、合併症胎児を管理するためもあって、緊急帝王切開、選択帝王切開はともに20%を超えています。麻酔管理は全て麻酔科医によって行われており、平日昼間帯は分娩室の隣室に設置された周産期センター手術室で手術を実施しています。また経膣分娩においても医療的介入を要する症例が多く、急性胎児機能不全や母体の高血圧緊急症のため器械分娩を要する頻度は3?4%に認められますが、当院産科の特色として他院では技術的な指導不足から実施されなくなった施設も多い鉗子分娩術を積極的に実施してきました。吸引分娩に比べ頭部の負担が低く無理な分娩にならない(経膣分娩の可否診断を早期に判断でき反復した牽引操作を回避できる)ことや、回旋異常分娩にも回旋鉗子分娩手技によって無理なく胎児を娩出することができるなど、安全な分娩管理に寄与しています。また妊婦の高齢化などによって流産率も高くなる傾向にあり流産手術も行われます。H29年度からは単回使用の手動式吸引用子宮カテーテル(MVAキット)を用いて手術に伴う子宮の損傷を最小限に留めています。また鉗子分娩(鉗子分娩が不可能な場合は、単回使用の吸引分娩キットを使用)やMVAキットの使用は、患者及び医療者への感染防止の観点からも医療安全に寄与してます。さらにH29年度時点で分娩監視装置31台中8割以上がバッテリー内蔵式となっていて、鉗子分娩術等の技術と合間って災害急性期においても周産期医療機能の残存能力が高くなっています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 等 149 1.38 3.67 1.34 71.97
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 57 0.75 4.04 1.75 67.53
K610-3 内シャント設置術 等 48 1.27 3.46 2.08 66.6
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 45 1.29 8.84 0 67.49
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 42 0.55 1.62 0 57.5

膀胱がんや前立腺がんなどの尿路悪性腫瘍に対する手術数が多いのが特徴です。膀胱がんに対しては経尿道的手術が最も多いですが、浸潤性の膀胱がんに対しては膀胱全摘除術+尿路変向術も行っています。前立腺癌に対してはロボット支援下の前立腺全摘除術が中心となっています。この他、他科の悪性腫瘍に伴う尿路狭窄に対する手術(経尿道的尿管ステント留置術)、良性疾患(腎・尿管結石破砕術)、腎不全(内シャント造設術)など幅広く泌尿器疾患に対する手術を行っています。


婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 等 124 1.26 3.63 0 40.9
K867 子宮頸部(腟部)切除術 111 0.09 1.02 0 40.78
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 54 1 4.3 0 47.19
K861 子宮内膜掻爬術 51 0 1.06 0 49.41
K879 子宮悪性腫瘍手術 45 1.36 11.56 0 54.93

婦人科疾患の手術については早期退院、早期社会復帰が可能な低侵襲治療法である腹腔鏡下手術が主流です。腹腔鏡下手術は、良性疾患である卵巣嚢腫、子宮筋腫のみならず、早期の悪性疾患(子宮内膜癌)にもその適応が拡大されています。当科でもすでに保険適用となっている早期子宮内膜癌に加え、Ib1期の子宮頸がんに対して腹腔鏡下手術(ロボット支援手術を含む)の取組みを行っています。子宮頸部(腟部)切除術は、子宮頸癌の前癌病変である子宮頸部上皮内病変に対し、短期入院(1泊2日)のうえ原則局所麻酔にて実施しています。子宮内膜掻爬術は、子宮内膜ポリープや子宮内膜増殖症の治療として、また子宮内膜癌疑い症例に対する精密検査として、短期入院のうえ原則静脈麻酔にて実施しています。子宮悪性腫瘍手術は子宮頸癌、子宮体(内膜)癌に対する手術で、子宮付属器悪性腫瘍手術は卵巣癌、卵管癌に対する手術です。多くの症例で骨盤リンパ節郭清を伴うため、その合併症であるリンパ浮腫に対する取組みも積極的に行っています。


消化器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 82 2.87 11.88 0 69.34
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 53 2.3 12.47 3.77 64.91
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 46 1.67 22.91 0 65.39
K6335 鼠径ヘルニア手術 等 35 1.2 3 0 71.37
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 25 2.4 12.68 0 62.72

消化器外科では、早くから腹腔鏡手術を取り入れ、約80%の症例に施行しています。腹腔鏡手術は傷が小さく、身体に優しい手術で、術後の回復も早いため、消化器外科ではほとんどすべての臓器に行っています。 1番目に多いのは、結腸癌の腹腔鏡手術で、約90%の患者に行っています。傷が小さく体に優しい手術です。 2番目に多いのは、胃癌に対する腹腔鏡手術です。多くの症例で低侵襲の腹腔鏡手術を行い、近年はロボット手術も胃癌に導入し、より精密な手術を行っています。 3番目は、直腸癌に対する腹腔鏡手術で、約90%の患者に腹腔鏡で手術を行っています。できるだけ永久人工肛門を回避できる術式を心がけています。 4番目は、鼠径へルニア手術です。この手術に対しても近年は症例によっては。腹腔鏡を導入しています。 5番目は人工肛門閉鎖術です。緊急手術では全身状態が悪すぎ、腸切除後吻合ができず一時的人工肛門が作られる場合があります。また、直腸癌で従来永久人工肛門となっていた患者が技術の進歩で肛門と吻合できるようになりました。しかしそういった肛門との吻合はつながりにくく、一時的な人工肛門を併設する場合があります。そういった一時的な人工肛門を閉鎖(腸吻合)する手術が第5位となっています。


救命救急部


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 74 0.3 16.62 63.51 78.57
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 33 0.42 17.03 27.27 59.33
K0811 人工骨頭挿入術(股) 30 0.2 19.53 70 79.8
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 19 0.68 14.05 26.32 54.11
K386 気管切開術 18 7.67 20.61 55.56 65.56

外傷センターでの大腿骨近位部骨折の骨接合術を行った患者は前年度で74症例であり、平均術前日数は0.3日となっております。また大腿骨頸部骨折患者は30症例であり、平均術前日数は0.2日となっており、ともに24時間以内に手術した症例は90%を超えており、積極的な早期リハビリも導入し早期の社会復帰を目指しています。
また高エネルギー外傷に伴う多発外傷では早期手術を行うことで早期離床を図っています。特に骨盤外傷については症例数も年間80例を超え、寛骨臼骨折ではハイブリッド手術室を利用して正確な整復を行っています。早期手術と積極的なリハビリを行うことで機能予後改善を目指しています。


肝胆膵外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 105 2.26 4.21 0 66.03
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 32 1.84 8.63 3.13 69.75
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 25 3.64 25.12 4 69.24
K6951 肝切除術(部分切除) 18 2.94 10.61 0 71.33
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 13 1 5.85 0 76.54

肝胆膵外科では、肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍に対する外科手術を中心とした治療を主に行っておりますが、ニーズの高い胆石症等に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術も積極的に行っております。悪性腫瘍のうち、特に肝臓癌や転移性肝癌においては、積極的に肝切除を施行しており、より低侵襲な腹腔鏡下肝切除も数多く導入しております。また手術困難な症例に対しては、集学的治療の観点より肝動脈化学塞栓療法等も施行することで、治療成績の向上に努めております。膵臓癌においても腫瘍の進展度に応じて門脈や動脈の合併切除、再建術を併施することで、根治性を保ちながらも安全性な手術を施行しております。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 109 1.9 12 2.75 69.03
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 53 1.68 7.91 0 67.51
K508-21 気管・気管支ステント留置術(硬性鏡) 等 37 1.11 3.7 24.32 57.7
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 22 2.14 8.5 0 70.45
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡) 17 1.41 5.06 5.88 47.71

胸腔鏡下手術を積極的に行っており,早期肺癌はほぼ全例に施行しています.また縦隔腫瘍に対しては人工気胸を併用した胸腔鏡下手術を行っています.気管・気管支の狭窄に対する治療を多数行っており,肺機能の温存を図る気管支形成術,気管分岐部形成術も行います.


小児外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 等 68 0.68 1.03 0 3.26
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 0.6 1 0 4.87
K836 停留精巣固定術 27 0.74 1 0 1.74
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 等 16 0.38 1 0 2.25
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 等 13 0.08 4.31 0 9.77

小児が罹患することの多い鼡径ヘルニア、停留精巣、臍ヘルニア、虫垂炎については、府下でも症例数が多い施設で、緊急対応も含めて質の高い外科治療を行っています。腹腔鏡下虫垂切除術の平均術前日数が0.08と極めて短いのは、緊急対応を行っていることの表れです。また短期入院手術も行っており、手術当日入院症例が多いことから、ヘルニア、停留精巣の術前日数も1日未満となっています。


小児耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 132 1 0.3 0 5.07
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 77 1.03 3.6 0 5.55
K370 アデノイド切除術 27 1 2.41 0 4.41
K319 鼓室形成手術 11 1.09 6 0 8.55
K328 人工内耳植込術 - - - - -

入院手術件数で最も多いのが、鼓膜チューブ挿入術です。前日に入院し、手術当日に退院としています。次いで多いのが口蓋扁桃摘出術です。前日に入院し、術後3~4日で退院となっています。


小児眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 等 163 1 1.01 0 8.67
K244 眼筋移動術 31 1 1.03 0 9.23
K2424 斜視手術(斜筋手術) 等 27 1 1 0 6.93
K2421 斜視手術(前転法) 等 12 1 1 0 10
K201 先天性鼻涙管閉塞開放術 11 1 0.18 0 1.64

小児眼科で圧倒的に多いのは斜視手術で、手術件数の上位4つを占めます。平成28年度の統計では全体の約85%が斜視(眼筋)手術です。術式の内訳は、多いものから順に前転法と後転法 61%(眼振に対するケステンバウム手術2%を含む)、眼筋移動術11%、斜筋手術 9%、前転法3%です。前転法は、内斜視手術後数年してから生じる術後外斜視の治療として行われることがほとんどです。先天性鼻涙管閉塞の大多数は、原則として外来において点眼麻酔で治療していますが、初診時に1歳を越える少数例は全身麻酔による入院治療を必要とします。成人眼科とは異なる小児眼科の特徴として、白内障・緑内障・網膜剥離等の疾患が非常に少ないことが挙げられます。


肝臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 等 178 1.49 8.28 0.56 74.57
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他) 等 28 1.89 6.29 0 73.54
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 等 27 1.26 6.48 0 76
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -

肝臓内科の手術で最も多いのは肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術(血管塞栓術)で、次いで肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法です。どちらも熟練した専門医が的確に治療を行っています。


耳鼻いんこう科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 44 1 4.52 0 35.86
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 28 1 4.54 0 51.36
K319 鼓室形成手術 11 1 7.36 0 48.27
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 11 1.09 4.64 0 62.09
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -

手術件数では扁桃摘出術が最多ですが、これには反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸以外に、IgA腎症の治療の一環として行う場合も多く含まれています。術式別でみると、慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎の手術がこれに次ぎますが、頭頸部の良性腫瘍、悪性腫瘍の手術も数多く行っています。


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 30 2.53 11.37 3.33 79.2
K5551 弁置換術(1弁) 28 2.89 19.71 10.71 69.43
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 21 5.57 27.29 9.52 69.86
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 14 3.93 19.5 14.29 71.64
K5541 弁形成術(1弁) 10 4 14.6 0 56.2

腹部大動脈瘤症例に対しては、より低侵襲はステントグラフト内挿術を積極的に行っています。また、胸部大動脈手術症例でも低侵襲手術を心がけており、ステントグラフト内挿術を積極的に行っています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 49 6.84 22.29 12.24 62.82
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 26 0.46 9.42 11.54 77.65
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 14 4.71 12.79 14.29 59.29
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) - - - - -
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -

脳神経外科では良性、悪性を含む脳腫瘍が最も多い手術になっています。神経膠腫に対する覚醒下手術、神経生理的モニタリングなどの画像誘導システムを必要とする脳内腫瘍の摘出術を行っています。さらに症例によっては、手術とガンマナイフを組みわせた治療を行うことにより、より良好な機能温存を目指しています。また、脊椎、脊髄疾患に対しても、外傷を含め、各種インスツルメントを駆使した手術を行っています。下垂体腫瘍に対しては、経鼻内視鏡を使用した低侵襲な手術を耳鼻咽喉科医と共同で行い、さらに内分泌内科と連携し、より良好な治療を提供しています。


乳腺外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 等 57 1.12 4.12 0 56.02
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 53 1.4 6.87 0 65.58
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 26 1.31 9.35 0 59.08
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 等 12 0.58 1.17 0 39.5
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -

乳癌手術の場合、通常術前日入院ですが、仕事の都合などで入院期間の短縮を希望される方には手術当日の入院も行っています。また退院時には日常生活が可能です。当科では、術前診断に力を入れており多発する乳癌が発見される場合も多く、乳房切除を行い、希望者には形成外科医による同時再建も行っています。良性の乳腺腫瘍でも比較的大きな腫瘍の場合には、手術中の痛みをなくすために全身麻酔による手術を行っており、術当日入院で翌日退院の1泊2日の入院です。


小児形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K223-2 内眥形成術 25 1.04 1.88 0 8.08
K1012 合指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 等 14 1 6.64 0 1
K288 副耳(介)切除術 13 1 1 0 1.54
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 等 12 1.08 1 0 8.08
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 等 10 1 1.1 0 2.3

手術における対象疾患が多いものは、唇裂・口蓋裂手術、頭蓋顔面の骨切り術、多合指症などが表記されたもの以外にあります。これらが、表記されないのは、1つの手術分類が、多いもので10程になるために細分化されているためと、他科との共同手術の場合に他科のデータとして計算されてしまうためです。共同手術が多いことは複数の診療科が集学的治療を一人の患者さんに行っていることであり、高度先進的な加療が行われてるといえます。


小児整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(大腿) 等 27 0.89 1.93 0 12
K0581 骨長調整手術(骨端軟骨発育抑制術) 等 17 0.88 3.29 0 10.41
K1002 多指症手術(骨関節、腱の形成を要する) 等 10 1 3.1 0 0.8
K0731 関節内骨折観血的手術(肘) 等 10 1 5 0 9.2
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 10 1.8 8.7 0 10

脚長不等(脚の長さの左右の相違)に対して骨(脚)延長術以外に骨端軟骨発育抑制術など短期間の入院による治療を行っています。四肢の骨折に加えて、先天性の手・足の変形に対する手術治療も数多く行っています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 等 24 0.08 1.38 0 66.38
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 等 17 0.41 1.35 0 58.53
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 10 0.5 1.8 0 34.1
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 等 10 0.6 3.5 0 54.6
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -

形成外科の治療は、すべて手術となります。眼瞼下垂手術、腫瘍摘出術、頭頸部悪性腫瘍切除後の再建術、乳房再建術、顔面骨骨折の整復術などが実際多い手術です。眼瞼下垂手術、腫瘍摘出術以外は、他の診療科と共同手術が多く、他科の患者数に含まれるためこの表には表記されていません。
手術方法としましては、顕微鏡を用いた手技、3次元実体モデルを用いたものなど高度な医療を行っています。


小児泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 21 1 0.71 0 2.43
K819 尿道下裂形成手術 18 1 8.56 0 2.83
K809-3 腹腔鏡下膀胱内手術 14 1 8.36 0 6.14
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 10 1 6.1 0 11.1
K823-3 膀胱尿管逆流症手術(治療用注入材) - - - - -

当院小児泌尿器科の特徴は、小児腹腔鏡あるいは小児内視鏡といった非侵襲的な、傷の目立たない、体に優しい手術を積極的に行っていることです。
小児への腹腔鏡手術の応用は、技術的に難しく、施行可能施設は限られております。治療法として、開腹手術しか選択の余地がなかった水腎症や膀胱尿管逆流症(腹腔鏡下膀胱内手術)といった疾患にも、腹腔鏡を導入し、開腹手術と変わらない成績を挙げています。また、膀胱外から行う腹腔鏡下膀胱尿管新吻合術に関しては、厚生労働省から施行可能施設としての施設認定(先進医療)を受けています。最近、増加傾向が目立つ小児尿路結石に対しても、積極的に、内視鏡を使い破砕、摘出術を施行しています。


新生児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 等 59 0 35.68 0 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 等 18 0 52.72 0 0
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) - - - - -

すべてのハイリスク分娩には新生児科医が立ち会い、必要な児に対しては新生児仮死蘇生術を行っています。超低出生体重児対する手術も多く行っています。先天性心疾患を合併した超低出生体重児に対しては、新生児期に姑息手術である肺動脈絞扼術を行い、体重増加を待ってから根治術を行っています。また超低出生体重児の合併症である未熟児網膜症に対しては網膜光凝固術を、消化管穿孔に対しては腸瘻造設術を行っています。


小児心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) 等 17 1 7.06 0 7.18
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 15 1.73 8.87 0 0.6
K5801 ファロー四徴症手術(右室流出路形成術を伴う) 10 1.1 14.5 0 2.1
K483 胸骨切除術 - - - - -
K5822 両大血管右室起始症手術(右室流出路形成を伴う) - - - - -

小児心臓血管外科が対象としている疾患は多種多様で、DPC請求が可能な疾患は単純心疾患が多くなっています。
心室中隔欠損や心房中隔欠損の根治手術では入院日数は術前後合わせて8日程度となっています。


小児脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 14 5.43 28 0 10.86
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(脳梁離断術) 等 12 2.25 21.67 0 9.17
K1742 水頭症手術(シャント手術) 10 3.8 9.8 0 3.5
K1912 脊髄腫瘍摘出術(髄内) - - - - -
K1803 頭蓋骨形成手術(骨移動を伴う) - - - - -

手術については脳腫瘍が最も多く、続いててんかん、脊髄脂肪腫の係留解除、頭蓋縫合早期癒合症、水頭症関連手術となります。小児脳腫瘍は悪性腫瘍が多いため、術後は小児血液腫瘍科での後療法のため、てんかんも術後評価として小児神経内科に転科することが多いため統計上は少なくなっています。頭蓋縫合早期癒合症は当院では骨延長法を行うことが多く、延長期間中は入院となりますので2ヵ月前後の入院となります。ここ数年の傾向として小児青年てんかん診療センターのオープンに伴いてんかん手術が急速に増加しています。


小児不整脈科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 等 64 1.34 4.78 3.13 11
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 等 25 1.32 3.88 0 13.52
K597-3 植込型心電図記録計移植術 - - - - -
K5971 ペースメーカー移植術(心筋電極) - - - - -
K5991 植込型除細動器移植術(経静脈リード) - - - - -

日本全国の乳幼児,小学生,中学生,高校生の不整脈に対して,カテーテルアブレーション治療を行っています.ペースメーカ,植込み型除細動,原因不明の失神に対する植込み型心電計留置手術も積極的に行っています.


小児循環器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 19 2.63 3.53 0 4.21
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) 等 13 1.08 2.92 0 2.31
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 13 1 3 0 21.54
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K566 体動脈肺動脈短絡手術(ブラロック手術、ウォーターストン手術) - - - - -

小児循環器内科では、年間約100件は心臓カテーテル治療を行っています。肺動脈狭窄や肺動脈低形成を伴った先天性複合心疾患の外科手術の前や手術後に行っています。その内、肺動脈狭窄の治療が最多です。カテーテル治療は、外科的に手の届かないところの治療ができることと、患者さんへの侵襲が少ない利点があります。次に多いのが心房中隔欠損や動脈管開存のカテーテル治療です。アンプラッツァー等の治療器具の認定施設として成人患者さんを含めて治療しています。その他、複合心疾患にしばしば合併する異常血管の塞栓術や肺動脈弁狭窄の治療などをしています。


脳血管内治療科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 28 2.25 19.43 10.71 57.11
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 14 1.07 3 0 43.5
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) 11 0.82 32.09 45.45 69.55
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 2.18 8.73 9.09 74.27
K172 脳動静脈奇形摘出術 - - - - -

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳動静脈瘻、硬膜動静脈瘻に対する脳血管内手術を積極的に行っています.急性期の脳動脈の塞栓症に対する血栓回収療法や慢性期の頚部内頚動脈狭窄症に対するステント留置術も実績があります.中でも、全国的にみても当院の小児・新生児の脳血管奇形に対する脳血管内手術とオスラー病に合併する肺動静脈瘻のコイル塞栓術は圧倒的な症例数を経験しています.


腎臓高血圧内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 37 8.92 20.86 10.81 72.3
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 11.4 17.1 0 62.9
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -

腎臓高血圧内科は、腎センターの一員として、腎移植・透析部と連携しており、当科においても内シャント設置術、腹膜灌流用カテーテル留置術を行う透析導入患者を多数受け入れています。


皮膚科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等 34 1 3.85 0 76.47
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 等 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 等 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - - - - -

皮膚科では、悪性黒色腫,基底細胞腫,有棘細胞癌,乳房外パジェット病,ボーエン病,日光角化症などに対する皮膚悪性腫瘍切除術が多く、悪性黒色腫の場合、必要に応じて、センチネルリンパ節生検を行っています。再建には、単純縫縮、局所皮弁、遊離植皮術を行なっています。また、脂肪腫、表皮嚢腫などの良性腫瘍の切除も行なっています。


血液内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 10 17.3 7.1 0 49.6
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -

非ホジキンリンパ腫においては初回治療抵抗性また再発症例、多発性骨髄腫においては初回治療後病勢が安定した症例に対して自家末梢血幹細胞採取を行い、その後、自家末梢血幹細胞移植を行っております。急性白血病に対する同種移植は主として末梢血幹細胞移植が施行され、ドナーからの末梢血幹細胞採取を行っております。また骨髄バンクから依頼のあった非血縁者ドナーからの骨髄採取、末梢血幹細胞採取を行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 14 0.06
180010 敗血症 同一 66 0.28
異なる 77 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 137 0.58
異なる 16 0.07
「入院契機」の「同一」とは、今回入院治療が必要と判断された傷病名で、入院後も継続して治療を行った患者さんです。「異なる」とは、今回入院治療が別の傷病名で必要と判断され入院したが、併存していた、若しくはその後に発生した表中の傷病名による治療に、多くの医療資源を投入した患者さんです。
 発生率とは、全入院患者さんのうち、該当する病名で発症した患者さんの割合です。
「手術・術後の合併症」は、心臓ペースメーカーの電池消耗による交換や、透析を行う為のシャントが閉塞し、再造設等を行う患者さんが等が含まれます。

更新履歴

PAGE TOP