大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

病院長ご挨拶

大阪市立総合医療センター > 大阪市立総合医療センターについて > 病院長ご挨拶

病院長ご挨拶

 このたびは、大阪市立総合医療センターのホームページをご覧いただきまして、心よりお礼申し上げます。 

 当院は18階建ての市内最大規模の病院で、大阪市の中核病院として高度急性期医療を提供しています。また「地域医療支援病院」として地域の医療機関と連携して地域医療の中心的役割も担っています。市内中心部に立地しており、地下鉄、JR、バス、車いずれも交通の便が良く、市内はもとより市外、府外からも多く受診されています。傍らには、春はさくら並木、夏は天神祭の船渡御(ふなとぎょ)と花火大会が楽しめる「大川(旧淀川)」が流れ、病棟からは南に大阪城が望めます。

病院長

 現在12の臓器別センター、54の診療科を擁しており、病床数は1063床、医師は本務医263名、研修医175名で、各診療科には第1級の専門医を有しています。

 がん医療では、今年度に全国14か所の「高度型の地域がん診療連携拠点病院」に指定されたのみならず、全国15か所のみの「小児がん拠点病院」、さらにがん患者の遺伝子を調べて最適な薬や治療法を選ぶ「がんゲノム医療」が受けられる全国135か所の「がんゲノム医療連携病院」にも選ばれています。小児医療では、17の診療科・154床からなる「小児医療センター」で高度で専門的な医療を提供しており、また「AYA世代」と呼ばれる、診療面でもケア面でも小児と成人の狭間にあった15歳から30歳前後の患者さんに最適な治療やケアが行えるように、国内2番目、西日本初の「AYA世代専用病棟」を設置しています。全身麻酔の手術件数は全国で5番目、東京を除いては最も多く、新生児から高齢者までのあらゆる手術を行っています。ほかにも、高度な周産期医療を行える市内2か所の「総合周産期母子医療センター」の1つ、市内6か所の「3次救急医療機関」の1つであり、さらに昨年11月には府下3か所の「小児救命救急センター」の1つにも認定されました。市内唯一の「感染症指定医療機関」でもあります。そのほか、精神科医療、災害医療も担っています。

 都会の公立病院の存在意義がますます問われていますが、当院も民間医療機関の補完と、公立病院でなければ担えない分野の機能強化を図りながら、これからも当院が持っている高度専門医療、当院でしかできないような医療機能を十分発揮して、地域に望まれる、地域に不可欠な病院であり続けたいと思います。
もちろん、経営の安定なしに良質な医療の提供は語れませんので、独立行政法人化したメリットを生かして、同時に経営基盤の強化も果たしていきたいと思います。

 今年も「スーパー公立病院」として、市民の皆さまの健康と医療を守る「最後の砦」として、「安全、安心、納得の医療」を皆さまに提供してまいります。
患者さん及び市民の皆さまの信頼にお応えできるよう、職員が一丸となって取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成31年4月1日
病院長  瀧藤 伸英

PAGE TOP