文字サイズ

地方独立行政法人 大阪市民病院機構

産婦人科

科の特色

産 科

新生児科と常に連携し、院内症例だけでなくOGCS(産婦人科診療相互援助システム)加盟病院の一つとしてハイリスク症例の受入れ管理、超未熟児を含めた妊娠・分娩の管理を周産期専門医が中心となって行っております。
一方、正常妊婦さんに対しては助産師外来を併設し十分な時間を掛けた、きめの細かい妊婦保健指導を含めたゆとり検診を行っております。
また、母乳育児外来では、育児不安へきめ細かい援助を行っております。

 

婦人科 

良性疾患に関しましては、十分なinformed consent(説明と同意)を行い、患者さんにとってより侵襲(身体的負担)の少ない治療方法を選択するように努力しております。もし手術療法が必要な場合であっても、できるだけ腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術などの内視鏡視下手術や膣式手術等のminimally invasive surgery(低侵襲手術)を行うように心掛けております。
悪性疾患に関しましては、大阪市立総合医療センターや大阪市立大学医学部附属病院などの周辺施設との連携を行っております。良性・悪性に関わらず、患者さんがsecond opinion(セカンドオピニオン)を希望された場合には情報を提供しております。また、手術時に輸血の可能性が高い場合には積極的に自己血輸血(患者さまご自身の血液を貯留しておいて手術時にそれを輸血する方法)を行っております。
また、生殖医療専門医及び内視鏡学会技術認定医が中心となって、人工授精までの一般不妊治療や妊孕能温存を必要とする生殖外科手術を行います。
  

さらに臨床遺伝専門医による遺伝カウンセリングや羊水検査などの出生前診断も行なっています。

 

主な疾患

切迫流産、切迫早産、前期破水、子宮内胎児発意遅延、妊娠高血圧症候群、多胎妊娠、胎児異常、子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍、子宮頸部異形成、子宮頸部上皮内癌、子宮内膜増殖症、不妊症、不育症、月経異常症、性分化異常症、更年期障害
 

学会認定等

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療 専門医 
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(産科婦人科)
  • 日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
  • 日本人類遺伝学会・遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医
  • 日本超音波医学会 超音波専門医
  • 日本性感染症学会 認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 母体保護法指定医

スタッフ紹介

氏名
役職
認定資格
主な専門分野
康 文豪

副院長、部長

小児周産期センター長

日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本生殖医学会生殖医療専門医 
日本産科婦人科内視鏡学会「腹腔鏡」技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(産科婦人科)
日本性感染症学会認定医
日本医師会認定産業医
母体保護法指定医

生殖医療(不妊症、不育症)、婦人科内分泌、内視鏡下手術
英 久仁子 副部長 日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
内視鏡下手術、子宮内膜症
松田 真希子  医員

日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

 産婦人科一般
沖 絵梨 シニアレジデント    産婦人科一般
中村 博昭 副部長(兼務) 日本産科婦人科学会専門医
日本周産期・新生児医学会認定周産期(母体胎児)暫定指導医
日本人類遺伝学会・遺伝カウンセリング学会認定臨床遺伝専門医
日本超音波医学会認定超音波専門医
母体保護法指定医
周産期医療、出生前診断、遺伝カウンセリング
勝矢 聡子 応援医

日本産科婦人科学会専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医

産婦人科一般
山田 詩緒里 応援医    

 

氏名
役職
認定資格
主な専門分野

福本 まりこ(※)

内科部長兼栄養部長  

母性内科

(糖尿病、妊娠糖尿病、脂質異常症、甲状腺)

 ※福本まりこ医師は、産婦人科患者さんの内科合併症の診察を行っています。

このページの先頭へ

病院所在地

〒559-0012
大阪市住之江区東加賀屋1-2-16

詳しく見る

受付時間

[初診受付]午前8時45分~午前11時00分 [再診受付]午前8時30分~午前11時00分

休診日

土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)

代表番号

06-6681-1000