大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

消化器内科

大阪市立総合医療センター  >  大阪市立総合医療センターについて  >  診療科・部門一覧  >  内科系診療科 > 消化器内科

科の特色

 消化器内科では、食道・胃・大腸といった消化管と胆嚢・胆管・膵臓といった胆膵疾患を診療しています。
消化器疾患の診断においては、色素内視鏡・NBI拡大内視鏡・超音波内視鏡を用いて精密な診断を行っています。粘膜下腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺生検は、病理部との密な連携の下で確実な診断を心がけています。消化器疾患の治療においては、特に内視鏡を用いた治療に力をいれています。早期食道癌・早期胃癌の内視鏡的粘膜下層剥離術はここ数年飛躍的にその施行数が増えています。早期大腸癌の粘膜切除術・大腸ポリープのポリープ切除術は年間850件近く行っています。大腸癌に対しても内視鏡的粘膜下層剥離術を導入しました。消化管出血に対する緊急内視鏡的止血術は、日中夜間問わずに行っています。食道や胃の静脈瘤に対しては内視鏡的食道静脈瘤硬化療術および結紮療法を数多く行っており、放射線科との連携のもとバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)も施行しています。

 膵臓がんや胆道がんに対しては、内視鏡的逆行性膵胆管造影や超音波内視鏡を用いて精度の高い画像診断を行っています。また、超音波内視鏡下穿刺生検も必要に応じて行っています。治療においては、肝胆膵外科や臨床腫瘍科・放射線腫瘍科と協力しながら最良の治療を行っています。また、総胆管結石に対する乳頭切開術などの内視鏡治療も行っています。

診療方針

十分なインフォームドコンセントを行い、患者さんが納得して最良の医療を受けられるよう心がけています。

消化器内科カンファレンス(1回/週)、内視鏡カンファレンス(1回/週),消化器外科・病理部との合同の内視鏡・病理カンファレンス(1回/3週間)、肝胆膵外科・放射線診断科・病理部との合同症例検討会の肝胆膵カンファレンス(1回/週)、消化器外科・臨床腫瘍科・放射線治療科と合同の食道・胃カンファレンス(1回/月)、消化器外科と合同の大腸カンファレンス(1回/月)を行ない、チーム医療を実践しています。

専門診のご紹介

内視鏡治療専門外来 (毎週水曜日 午後)

PAGE TOP