大阪市立総合医療センター,Osaka City General Hospital

TEL.06-6929-1221

TEL. 06-6929-1221

児童青年精神科<完全予約制>

大阪市立総合医療センター >  ご来院の皆様へ >  診療科・部門一覧 >  小児系診療科 > 児童青年精神科<完全予約制>

科の特色

児童青年精神科専用の入院設備をもっており、小学生から高校生年代の子ども達の入院治療にも対応しています。特に、入院治療が必要な摂食障害患者の受け入れに努力しています。
精神科医、病棟看護師に加え、公認心理師8名(内、常勤7名)、精神保健福祉士1名を配置し、入院中の小中学生を対象とした院内学級も設置されています。
初診患者は年間約700名、入院患者数は年間約70名です。

 

桜8集合写真2019
診療の実際

18歳未満の子どもの心の問題について幅広い診療を行っています。

受診の御案内

入院を御希望の場合も含めて、最初に外来を受診していただきます。対象年齢は18歳未満です。

 

完全予約制です。予約を取るには紹介状が必要です。受診を御希望の場合はまず、お近くの医療機関に御相談ください。紹介状は医療機関等から当院 地域医療連携センター あてに FAX(06-6929-0886) してもらってください。

対象となる状態

・極端な落ち着きのなさや不注意、家庭内での粗暴行為などの問題

・不登校・引き籠り・ネット依存などの生活行動上の問題

・拒食などの食行動の問題

・極端なこだわりや心因性の痛みや麻痺・パニック発作などの症状

・自傷行為や対人緊張・情緒不安定などの問題

・健忘や人格交代などの症状

・幻聴などの症状 など、児童思春期青年期の幅広い病態に対応しています。

多くの場合、ベースに発達の問題や愛着の問題が見られ、それらの評価と手当てに取り組むと同時に、学校その他と緊密に連携し、

二次的問題にも積極的に対処しています。

入院病棟について

児童思春期専門の精神科病棟として、児童・思春期精神科入院医療管理料に定められた施設基準を満たしています。病棟は家から社会への移行的環境であり、それぞれの状態に合わせて、規則正しい生活習慣を身につけ、子ども達同士が交流することができます。集団での様々な治療プログラムもあります。また、小学校と中学校の院内学級(府立光陽支援学校分教室)があり、原籍校とも連携しながら学習や学校生活を送ることができます。
外来受診後に病棟見学をすることもできますので、主治医に御相談ください。

PAGE TOP