文字サイズ

地方独立行政法人 大阪市民病院機構

外来を受診されている患者の皆さまへ

 大阪市立総合医療センターは、平成21年11月30日に大阪府より地域医療機関(かかりつけ医など)の先生方と連携・協力して、地域における医療の充実と効率的な医療提供体制を創りあげる“地域医療支援病院”の承認を受けました。(医療法第4条第1項)
 センターはこれまで3次救急医療機関、感染症指定医療機関、地域がん診療連携拠点病院、精神保健福祉法指定医療機関などとして専門医療や高度医療、救急医療を提供してまいりました。
少しでも多くの患者さんにこれらの医療を受けていただくためには、地域における医療機関がそれぞれの役割を分担し、限られた医療資源を有効に活用していくことが必要です。
そのため地域医療支援病院として地域の医療機関と連携・協力して、地域完結型の医療を提供する必要があり、患者のみなさまのご理解とご協力をお願いする次第です。

 

患者さんへのお願い

  • センターを受診される際には、日頃の健康状態や受診目的などの情報が記載された地域医療機関(かかりつけ医など)からの紹介状をご持参のうえ、ご来院ください。
    この際、紹介元医療機関の先生から“地域医療連携室”に連絡のうえ、診察予約をしていただくと診察待ち時間が短くなります。
  • 外来通院中の患者さんで専門医療や高度医療の必要がなくなった方につきましては、“かかりつけ医紹介コーナー”を通じて身近な「かかりつけ医(地域医療機関)」の先生を紹介させていただきます。ふたたびセンターでの治療が必要となった場合はかかりつけ医の先生から紹介していただくことになります。

※限られた医療資源の有効活用にご協力をお願いいたします。

 

このページの先頭へ