文字サイズ

地方独立行政法人 大阪市民病院機構

感染症内科

科の特色

後藤 哲志
後藤 哲志
部長
 

 感染症内科では、室内が陰圧で、空気が流れださない病室などにより、個室で隔離治療できます。たとえばはしかや水ぼうそう、インフルエンザなどは他の患者さんや職員へ感染しないように隔離して院内感染を防いでいます。
 診療可能な感染症は、年齢に関しては乳児から成人まで、地域に関しては国内感染症のみならず輸入感染症(マラリア等)にも及んでいます。つまり、開放性結核を除き、ほぼ全ての感染症にわたって診療可能です。小児の感染症の診療については、小児救急科のスタッフと協力して運営しています。また、救命救急センターや集中治療部とも協力し、重症感染症の診療にも実績をあげています。
 更に、多職種(医師、看護師のみならず薬剤師、ソーシャルワーカーやカウンセラーなど)によるチーム医療にも取り組んでいます。
 熱帯病治療薬研究班の班員になっており国内にない特殊な治療薬の入手が可能です。中央臨床検査部の協力により、マラリア検査、細菌培養や細菌・ウイルス遺伝子検査を行い、精度の高い病原体診断に努めています。
 渡航者ワクチン外来では、予防接種のみならず、海外渡航に必要な検診・、診断書作成、マラリア予防薬の処方等も行っています。また、労働安全衛生規則に基づく海外派遣労働者の健康診断は行っていませんので御注意下さい。

 

診療方針

     患者さんにご満足いただける医療を心がけます。
     感染症をはじめ、関連する分野の研鑽と技術の向上に努めます。
     患者の医療に関する権利を尊重いたします。

主な疾患

     一類~五類感染症

診療実績

 1. 一類感染症(エボラ出血熱等): 実績なし
 2. 二類感染症: 結核等
 3. 三類感染症: コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症等
 4. 四類感染症: A型肝炎、デング熱、マラリア等
 5. 五類感染症: アメーバ赤痢、後天性免疫不全症候群、ジアルジア症、梅毒、麻疹等
 6. その他: 寄生虫症、海外渡航後の発熱、下痢症、不明熱、髄膜炎、脳炎、肺炎、感染性心内膜炎、腹腔内感染症、尿路感染症
         蜂窩織炎、伝染性単核球症、敗血症、帯状疱疹、非結核抗酸菌症等

渡航者ワクチン外来
  

スタッフおよび診療体制

氏名
役職
認定資格
主な専門分野
後藤 哲志 部長
(感染症センター長)
日本内科学会認定医
院内感染管理医(ICD)
感染症全般、HIV 感染症
白野 倫徳 医長 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
日本感染症学会推薦ICD
日本臨床微生物学会認定医
日本エイズ学会認定医・指導医
日本渡航医学会認定医療職
International Society of Travel Medicine, Certificate in Travel Health、Diploma in Tropical Medicine & Hygiene
一般感染症、HIV感染症、感染制御、感染医学
笠松 悠 医長 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本感染症学会感染症専門医
感染症全般
呼吸器疾患
森村 歩 シニアレジデント 日本感染症学会推薦ICD
日本エイズ学会認定医
感染症全般
小西 啓司 レジデント   感染症全般

 

このページの先頭へ

交通アクセスのご案内

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-13-22

地下鉄谷町線 「都島駅」2番出口 西へ約3分 バス停「総合医療センター前」下車すぐ 詳しく見る