ページ内を移動するためのリンクです。
文字サイズ変更
標準
大きく
最大
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
代表番号 06-6150-8000 土・日・祝休診
初診受付午前8時45分〜11時00分
再診受付午前8時30分〜11時00分
現在表示しているページの位置です。

現在地

各診療科・部門のご案内お産のご案内について

お産のご案内

当院は、大阪市内唯一の「赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital)」認定施設です。 

  WHO(世界保健機関)とユニセフ(国連児童基金)によって勧められている「母乳代用品の販売に関する国際規準コード(WHOコード)」と周産期ケアの指針「母乳育児成功のための10か条」を遵守し、一定の母乳栄養率を達成することにより「赤ちゃんにやさしい病院」として認定されます。
 当院では母乳育児を長く、楽しく続けていけるように、妊娠中から出産・退院後まで継続したケアやサポートを行い、母乳育児を通してより良い親子関係のスタートを目指しており、平成21年に「赤ちゃんにやさしい病院」の認定を受け、平成28年に認定更新されました(日本国内では現在73施設が認定を受けています)。

 ※詳しくは☆母乳についてをご覧下さい。

 

この写真は「赤ちゃんにやさしい病院」の認定証です。認定に使われている絵はパブロ・ピカソ作「母と子」です。当院の正面玄関を入って直ぐの壁面に認定証を掲示しておりますので、是非ともご来院の際はご覧ください。

 

 4階病棟
(産科・婦人科・小児科・新生児科)

  助産師24名で入院中の妊婦さんや産後のお母さんと赤ちゃんのケアにあたっています。
また妊婦健診での保健指導や、助産師外来、母乳外来、母親学級(ぽんぽんクラブ)も担当しています。

里帰り出産のご案内

 当院では里帰り出産も行っています。
・可能であれば、妊娠12週目から20週目までにご来院ください。 分娩予約をお取りし、当院でのご出産の手続き、分娩方針をご説明させていただきます。
(母子健康手帳、通院中の医療機関がある場合には、紹介状を持参して下さい。)
・妊娠34週目までに妊娠経過を記載した紹介状を持ち、ご来院下さい。 (遠方の方は、妊娠32~34週目までに里帰りされますことをお勧めいたします。)
※当院では、分娩数の制限はしておりません。安心して分娩予約をお取り下さい。

里帰り出産についてのお問い合わせ
大阪市立十三市民病院 産婦人科外来
TEL 06-6150-8000(代)
受付時間 平日 午前8時30分~午後5時

母親学級  ぽんぽんクラブ

    当院で初めて出産される方に受講していただいています。参加費は無料です。妊婦健診で分娩予約を取る際に、一緒に予約を取ります。  

 前期(隔週金曜日):13:30~16:00
助産師、栄養士、小児科医師のお話 

 後期(隔週水曜日):13:30~16:00  
助産師のお話、病棟案内

 

 

出産について

陣痛室                                                     分娩室
               
 
陣痛が始まったり、破水していよいよ出産となったら、まずは陣痛室で過ごします。陣痛室では15歳未満のお子様以外は、1人ずつ交代で付き添っていただけます。ベッド上で好きな体勢になって過ごしたり、クッションにもたれたりしながら様子を見ていきます。陣痛室では赤ちゃんの状態を観察する分娩監視装置(モニター)を装着しながら、助産師がサポートします。
 分娩室ではお母さん主体の出産となるよう助産師がサポートしていきます。ご希望の方はお父さんの分娩室の立ち会いができます。またお子様の立ち会い分娩もできますが、妊娠中から助産師と相談しながら準備をしていくので、ご興味のある方は妊婦健診の際に助産師にお尋ねください。(子ども立ち会いチェックリストの記入をお願いします。)

    
 分娩直後のカンガルーケアとは『早期皮膚接触』といい、生まれたばかりの赤ちゃんを、裸のままお母さんの胸の上に抱いてもらうことです。赤ちゃんの体温や呼吸状態が安定しやすかったり、赤ちゃんの皮膚を守るための常在菌をお母さんから移してあげることで、赤ちゃんを病原菌から守ってくれます。

  帝王切開での出産
 お母さんと赤ちゃんにとって最良な状況を考え、必要な場合は、帝王切開を選択することもあります。帝王切開では、産科医師、小児科医師、麻酔科医師の立ち会いの下行われます。お母さんと赤ちゃんの体調が安定していれば、手術室でのカンガルーケアも行えます。また、お母さんの代わりにお父さんに抱っこしてもらう『パパカンガルーケア』も可能ですので(予定帝王切開の方のみ)ご相談ください。

産後の入院について




 当院では24時間の母児同室をしていただいています。赤ちゃんと一緒に過ごす事で、育児に慣れてもらいます。
お部屋は4人部屋、一般個室、特別個室(ファミリー同室)があり、ご希望のお部屋をお伝えください。
 入院期間は経腟分娩の方で産後6日間、帝王切開の方で産後7日間です。(お母さんや赤ちゃんの健康状態によっては延びることもあります。)

分娩費用について
経膣分娩:約47万円~約56万円
帝王切開:約40万円~約45万円

 
~産後のお部屋~
                                                                                  

4人部屋では同室のお母さんたちと情報交換をしたり
お友達になったりできる機会にもなります。
入室はお父さんのみとなります。                                                                                    

 

 

 

一般個室ではゆっくりすごしたり
家族や友達との団らんもできます。

 

 

 

 

 

 特別個室は室内にユニットバスが有り、少し贅沢に過ごしてもらえます。
また、貸しベッドのご利用でお父さんやお子さん、おばあちゃんたちも一緒にお泊まりしていただけます。
(付き添いについては事前にご相談ください。)             

 

 

4人部屋 追加料金 : 無し
一般個室 10,000円(大阪市外の方12,000円)
特別個室(ファミリー同室) 15,000円(大阪市外の方18,000円)+ 貸しベッド代1,200円/日

  赤ちゃんとの面会については、4人部屋へはお父さんのみ入室とさせていただいていますので、赤ちゃんと面会する際にはナース・ステーション横の面会エリアで面会していただきます。(15~20時まで)
 
個室での面会は13時から可能ですが、発熱、咳、下痢、嘔吐などの感染症状がある方はお断りしていますので、ご遠慮ください。

  新生児室では、毎朝8時30分から沐浴、体重測定、小児科医師の診察を行います。   

                    
                        

 


 入院中に一度、夕食にお祝い膳を提供しています。         
おめでとうの気持ちを込めて、助産師、栄養士協同でメニューを考え、母乳によくて少し豪華な物を作りました。

 

☆母乳について

 当院では全てのお母さんと赤ちゃんが母乳育児を楽しく続けられるようにケア、サポートしています。
母乳育児は、赤ちゃんを感染症や白血病・糖尿病など様々な病気を予防する効果があります。また授乳によるカロリー消費は1日約600㎉となり、妊娠前の身体に戻りやすく産後ダイエットに最適です。そして、お母さんと赤ちゃんの絆(きずな)を深め、心を育てることでしょう。大好きなお母さんの胸に抱かれ、乳首を吸い、お母さんの声を聞き、目と目を合わせ、お母さんのにおいをかいで赤ちゃんは安心してすくすくと育ちます。だから少しでも早く、一滴でも多く、赤ちゃんに母乳をプレゼントしましょう。
  
また、合併症のあるお母さんや、お薬を飲んでいるお母さん、小さい赤ちゃんへの母乳育児支援も助産師、小児科医師、産科医師が連携し積極的に行っています。
                   

☆母乳外来

  
 退院後の母乳育児が楽しく、スムーズに行えているかをフォローしたり、また乳房のトラブル(乳腺炎など)のケアのために母乳外来を行っております。卒乳するまでのご相談に何度も通っていただけます。
(受診料 2,500円/回)完全予約制で月~金曜日の13時~16時までです。
受診を希望される方は、事前にご連絡の上予約を取ってください。
(06-6150-8000に電話をして「母乳の相談です。」とお伝えください。)

                                 ※写真はご家族の了承を得て使用しております。  

 

☆あいあい通信

あいあい通信 2017年vo.3 食欲の秋だよ号

あいあい通信 2017年 春爛漫号

あいあい通信 2016年 秋風号

ページトップへ